買う

仙台のアメカジ古着店、セレクトショップに業態変更-店名も変更

セレクトショップに業態変更した「Speedway」の店内

セレクトショップに業態変更した「Speedway」の店内

  •  
  •  

 仙台の衣類販売業「H.T.C」が手掛ける古着店「Honky Tonk」(仙台市青葉区一番町1、TEL 022-215-7577)が9月1日、店名を「Speedway(スピードウェイ)」に変えセレクトショップに業態変更した。

「アメリカンクラシック」をコンセプトにしたアンティーク雑貨も販売

 同店は2000年8月、「アメリカンクラシック」をコンセプトに開業。1950年代のアメリカンビンテージ製品を中心に取り扱っていたが、「古着の需要が全体的に低下し、良質な古着も少なくなっている」ことや、「アメリカでの仕入れ値が高くなってきている」ことなどから新品レプリカの取り扱いを開始したところ、利用者から好評を得た。

[広告]

 そうした需要の変化を感じた同店オーナーのロフグレン・ジョンさんが、「これまでの利用者やその兄弟世代に向けて、ラグジュアリー感のあるセレクトショップを提供したい」と考え、取扱商品の全面的な変更を決意。コンセプトはそのままに新品中心の商品に入れ替え、店名も変更した。

 メーンターゲットは20代後半~70代の「バイク、ハーレー、レーシング、ビンテージなどに興味を持つ層」(ジョンさん)。ブランドは、「Lee」「Wrangler」「CUSHMAN」「MILLREEF」「TOYS McCOY」「DRY BONES」など。商品はTシャツ(3,045円~)、カバーオール(8,400円~)、ワークシャツ(12,600円~)、レザージャケット(157,500円~)のほか、ジーンズ、ギャバジャン、スエット、ウエスタンシャツなどを販売。雑貨や小物、ジュエリーなどのアンティーク商品も残し、オリジナルブランド「LOFGREN」のアクセサリー類も取り扱う。

 同社担当者は「なぜこの時代にフォーカスしたのか、どうしてシンプルなものが高いのかと聞かれるが、いつも話すのは『この時代の商品たちが本当に良いものだから』ということ。安くてすぐに着られなくなるものではなく、1枚の良いものを10年着て自分の色に染めていく。そんな楽しみを通して、作り手の思いや物を大切にする気持ちを持ってもらえれば」と話す。

 営業時間は11時~20時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?