見る・遊ぶ

仙台で連載完結記念「ハイキュー!!」原画展 描き下ろし・初公開含む160点

「全日本ユース/宮城県1年生選抜」ゾーンの展示 ©古舘春一/集英社

「全日本ユース/宮城県1年生選抜」ゾーンの展示 ©古舘春一/集英社

  • 54

  •  

 スポーツ漫画「ハイキュー!!」の原画展「連載完結記念 ハイキュー!!展」が9月19日、仙台駅東口の「TFUギャラリー ミニモリ」(仙台市宮城野区榴岡2、東北福祉大学仙台駅東口キャンパス)で始まる。

「春高本戦」ゾーンの展示

 「ハイキュー!!」は、岩手県出身の漫画家・古舘春一さんによる高校バレーボールを題材とした作品。宮城県を舞台に、県立烏野高校バレーボール部に所属する日向翔陽がかつての部の大エース「小さな巨人」を目指し、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター影山飛雄をはじめとした魅力的なキャラクターたちと共に切磋琢磨(せっさたくま)し成長する姿を描く。

[広告]

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2012(平成24)年から連載を開始。バレーボールに情熱を懸ける高校生の熱い青春ドラマが人気を博し、テレビアニメ化や舞台化もされている。コミックスの累計発行部数は4000万部を突破し、今年7月に連載が完結した。

 原画展は2018(平成30)年に仙台市で開催された「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」以来2年ぶり。今回は仙台と東京(12月26日~2021年1月17日)の2会場で開催する。古館さんは「また原画展を開催していただけるということでありがとうございます!今回は仙台と東京です!仙台へお越しの際はぜひお土産を買って美味しいご飯を食べて帰ってね!」(原文ママ)とコメントを寄せる。

 会場内は「烏野高校排球部」「練習試合」「IH予選」「夏合宿」「春高予選」「東京都代表決定戦」「全日本ユース/宮城県1年生選抜」「春高本戦」「終章」の9つのゾーンで構成し、カラー・モノクロ原画約160点を展示。展示のために描き下ろした原画7点や、前回は展示されなかった初公開の原画も多数展開する。

 開館時間は10時~17時(土曜・日曜・祝日は19時まで、最終入場は閉場30分前まで)。完全日時指定制で、ローソンチケットで取り扱う。前売り券(9月18日まで販売)は一般・学生=1,300円、中高生=900円、小学生=400円、グッズ付き日時指定券=2,500円。当日券(販売期間は9月19日~10月25日)は一般・学生=1,500円、中高生=1,000円、小学生=500円、グッズ付き日時指定券=2,700円。10月25日まで。

 新型コロナウイルス感染拡大防止として、スタッフの健康管理やマスク着用、会場内の定期的な換気、来場者が触れる箇所の清掃・消毒を徹底。来場者には、入場時の検温、連絡先登録、マスク着用、手指消毒、ソーシャルディスタンス確保の協力を求める。

Stay at Home