買う

仙台・茂庭に農産物直売所「元気くん市場」 JA新みやぎ管内850人が生産

オープニングセレモニーの後、駆け付けた地域住民が入店し買い物を楽しむ店内

オープニングセレモニーの後、駆け付けた地域住民が入店し買い物を楽しむ店内

  • 57

  •  

 JA新みやぎ農産物直売所「元気くん市場 仙台南店」(仙台市太白区茂庭字新御所川、TEL 022-398-3225)が7月3日、仙台・茂庭にオープンした。

JA新みやぎ管内の沿岸部で取れた水産物のコーナー

 2004(平成16)年にオープンした「元気くん市場 仙台店」(富谷市)に続く2号店。新みやぎ農業協同組合(JA新みやぎ)代表理事組合長の大坪輝夫さんは「前々から仙台市内に2号店を作ってほしいという組合員からの強い要望があった。市内さまざま場所で出店場所を探していたが、商圏などのさまざまな条件をクリアしたこの地でのオープンに至った」と話す。

[広告]

 出店を通じて、消費地への直売所開設による販売拡大と生産者の所得向上、少量多品目の生産による定年帰農者・中小個人経営農家など多様な担い手の育成を目指す。

 敷地面積は約5000平方メートル、建物床面積は約1000平方メートル、売り場面積は625平方メートルで、100台分の駐車場を用意。店内では、JA新みやぎ管内約850人の生産者が手掛ける新鮮な野菜をはじめ、コメ・肉・魚・農産加工品・畜産加工品・パン・菓子・総菜や弁当などをコーナーごとに分けて陳列する。

 JA新みやぎは県北部5つのJA(みどりの・栗っこ・南三陸・あさひな・いわでやま)が合併して昨年7月に誕生した。「私共の地域は宮城県の約3分の1のコメの産地。コメをはじめ、栗駒山麓から平野部、沿岸部の気仙沼・南三陸地域までと広大な地域を抱えている、多種多様な農畜産物の産地である」と大坪さん。「仙台の皆さまに新鮮で安心安全な食べ物を供給し、ひいては管内組合員の所得向上に少しでも役に立てれば」とも。

 運営を行うみどりのサービス(遠田郡美里町)の勝又金市社長は「大消費地・仙台に安心安全な農産物や特産物を安価で届けたい。この地区の方々にご愛顧いただければ」と意気込む。

 営業時間は10時~18時。新型コロナウイルス感染防止対策として、スタッフのマスク着用・うがい手洗いの徹底、定期的な換気、店内のアルコール消毒などを行う。

Stay at Home