「三井アウトレットパーク 仙台港」開業-セレモニーに「Mr.カラスコ」乱入

クラッチ、ベガッ太、ティナも駆け付けて行われたテープカットの様子。この後カラスコが乱入

クラッチ、ベガッ太、ティナも駆け付けて行われたテープカットの様子。この後カラスコが乱入

  •  
  •  

 三井不動産(東京都中央区)が開発を進めてきた東北最大のファクトリーアウトレット「三井アウトレットパーク 仙台港」(仙台市宮城野区中野出花、TEL 022-355-8800)が9月12日、グランドオープンした。

オープン前から施設前で行列を作る大勢の市民ら

 朝から家族連れやカップルなど約500人が列を作る中、10時のオープンを前にオープニングセレモニーが開催された。宮城野区役所の木須八重子副区長や同施設オペレーションセンターの越川幹男所長などが出席し、在仙プロスポーツ3球団のマスコットキャラクター、東北楽天ゴールデンイーグルスのクラッチ、ベガルタ仙台のベガッ太、仙台89ERSのティナも駆け付けた。

[広告]

 会場から3組の親子が来場者代表として選ばれ、テープカットが行われようとしたその時、楽天イーグルスの非公認マスコット・Mr.カラスコが乱入。騒然とする聴衆をよそに会場内を暴れ回ると、勝手にテープを切って立ち去ってしまった。ところが、「嫌な予感がしていたので、テープを2本用意していた」という越川所長の配慮が奏功し、あらためてテープカットを再開。

 セレモニーが無事に終了すると、オープンのファンファーレとともに大勢の来場者がスタッフの誘導に従って真新しいモールに次々と足を踏み入れた。この日、一番乗りをしたのは福島県白河市の自宅を早朝3時に出発したという78歳の男性と娘さん。男性は「娘がアウトレット好きなのでオープンを楽しみにしていた。自分ではあまり買い物をしないが、娘の楽しそうな姿を見ているだけでもうれしい」と笑顔を見せた。

 晴天に恵まれたこともあり、オープン後はわずか30分で2,000台の駐車場が満車に。入場者の列が駐車場通路まで続き、昼時には550席のフードコートもすべて満席となった。同施設の発表によると、18時の時点で約25,000人が来場。3連休を迎え、さらなる人出が予想される。

 営業時間は10時~20時(飲食店は10時~21時)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?