食べる

宮城県庁近くにダイニングバー 酒に合う中華つまみと薫製メニュー主力に

女性一人でも入りやすいよう配慮し、白や緑、木目やタイルなどを基調にした温かみのある雰囲気に仕上げた店内

女性一人でも入りやすいよう配慮し、白や緑、木目やタイルなどを基調にした温かみのある雰囲気に仕上げた店内

  • 201

  •  

 宮城県庁近くのダイニングバー「Kitchen あんじょう」(仙台市青葉区本町3、TEL 022-395-7650)がオープンして3カ月がたった。

土鍋の麻婆豆腐、海老のエスニックマヨ、燻製盛り合わせ

 ソフト開発を手掛けるELC(山形県山形市)初の飲食業態店。「酒×燻製(くんせい)×中華」をコンセプトに、ビールや日本酒などの酒に合う中華つまみや自家製薫製メニューを提供する。店名の「あんじょう」は「あんばいがいいお店にしたい」との思いを込めて付けた。店舗面積は18坪。席数はカウンターとテーブル合わせて25席。

[広告]

 フードは、「よだれ鶏」「油淋鶏(ユーリンチー)」(以上550円)、「ピータン豆腐」(660円)、「海老(エビ)のエスニックマヨ」(880円)、「土鍋の麻婆(マーボー)豆腐」(990円)などの中華つまみをはじめ、「ナッツの燻製」「卵の燻製」(以上380円)、「チーズの燻製」「手作りビーフジャーキー」(以上550円)、「燻製盛り合わせ」(825円)、「自家製ベーコンのグリル」(880円)などの薫製メニューを提供する。「中華メニューはがっつり食べていただくというよりは、1~2人で飲みながらつまんでいただけるボリューム」と担当者。「おからのポテトサラダ」「山芋フライ」「ヤマスさんの板わさ」「とりから」(以上550円)などのつまみ、サラダ、揚げ物、ご飯物、デザートも用意する。

 ドリンクは、ビール、ウイスキー、ハイボール、焼酎、サワー、日本酒、紹興酒、ワイン、果実酒、カクテル、ノンアルコールカクテルなど約80種類をそろえる。

 客単価は、昼=900円、夜=4,000円。オープンから3カ月がたち、近隣で働く会社員や官公庁職員を中心に、カップルや女性グループなどが利用している。担当者は「お客さまの声を聞きながら、満足いただける店を目指していきたい。チャージなしなので、気軽に飲みに来ていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時30分~22時。日曜・祝日定休。