3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

「SENDAI光のページェント」開幕 昨年より8日間早く、281万人来場見込む

寒空の下、定禅寺通に現れた温かな光の回廊

寒空の下、定禅寺通に現れた温かな光の回廊

  • 592

  •  

 仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が12月6日に始まり、定禅寺通のケヤキ並木が温かな光に彩られた。

高さ30メートルのイルミネーションツリー

 「冬の仙台を明るくしたい」「杜(もり)の都を光の都へ」という思いから1986(昭和61)年に始まり34回目となるSENDAI光のページェント。毎年県内外から多くの見物客が訪れ、昨年は期間中約236万人が来場した。今年は資金不足により14日の開始となった昨年に比べ8日早い開幕で、約281万人の来場を見込む。

[広告]

 テーマは「~Always Be Happy!~」。高橋進伍実行委員長は「SENDAI光のページェントの会場を訪れた全て皆さまが幸せな気持ちになっていただき、笑顔を創出していただきたいとの思いを込めた」と話す。

 定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)の約700メートル間にあるケヤキ160本を60万個のLEDで装飾。電球色で温かみのある色合いのSENDAI光のページェント用LED「仙台カラー」で光の回廊を作り出す。勾当台公園市民広場の高さ約30メートルのヒマラヤスギに約5万個のLEDを施したイルミネーションツリー「スーモわくわくツリー」も点灯した。

 期間中、サンタクロースやトナカイに扮(ふん)した市民やマーチングバンドが定禅寺通をパレードする「スターライトファンタジー『サンタの森の物語』」(22日)、屋外アイススケートリンク「Sendai Winter Park ~スターライトリンク~」(25日まで)、ヨーロッパの冬の風物詩を模した「クリスマスマーケット」(25日まで、9日~12日・16日・17日休み)、スタンディングバー形式の「YEBISU BAR(ヱビスバー)」「キリンビール仙台工場 一番搾りキッチン」(以上、25日まで)などの関連イベントも展開する。13日~15日は「ラプラス+宮城巡りin SENDAI光のページェント」特別企画も予定する。

 点灯時間は17時30分~22時(金曜・土曜、22日・24日は23時まで、最終日は24時まで)。18時~20時の1時間置きに、1分間消灯した後再点灯する「スターライト・ウインク」を行う。今月31日まで。

ピックアップ

Stay at Home