買う

山野楽器仙台店に「笹かまギター」 ふっくら感と焼き目を再現、価格は75万6千円

笹かまギターを持つ望月さん。「予想より反響が大きく驚いている」という

笹かまギターを持つ望月さん。「予想より反響が大きく驚いている」という

  •  
  •  

 仙台名物の笹(ささ)かまぼこをモチーフにした「笹かまギター」が現在、クリスロード商店街内の山野楽器仙台店(仙台市青葉区中央2)で展示販売されている。

おいしそうな笹かまマッチングヘッド

 山野楽器の山野政彦社長が「東北の皆さまと共に東北を音楽の力で盛り上げていきたい」「楽器販売に携わる企業として何か面白いことはできないか」との考えから企画した。同社が製作するご当地ギターとしては、2017年の「餃子(ギョーザ)ギター」に続く第2弾となる。

[広告]

 仙台の老舗かまぼこ店、阿部蒲鉾(かまぼこ)店の協力を得て、精巧な笹かまサンプルを基にボディーとヘッドをデザイン。ボディートップは滑らかな曲線を描くアーチ状とすることで、笹かまが持つふっくらとした質感を再現した。バーナーで焦がして焼き目を入れることで、「こんがりとした香ばしさを表現し、ヘッドも同様のデザイン(笹かまマッチングヘッド)とし、由緒正しい笹かまの形状と焼き目を再現した」(同社担当者)という。

 由緒正しい笹かまの形状と焼き目の再現だけでなく、エレキギターとしての性能にもこだわった。上質なアルダーボディーにメープルネックという、「エレキギター王道の組み合わせ」を採用。ロック式ペグに加え、ピックアップメーカー大手の「Seymour Duncan(セイモア ダンカン)」のピックアップを採用し、ボリューム、トーンポットは「BOURNS(ボーンズ)」製を搭載している。

 「しっかりとした王道のエレキギターのサウンドがする。こういった形なので座って弾くのはちょっと難しいが、ストラップを付けていただければ問題なく弾いていただける。そんなに重くないので、扱いやすいギターに仕上がっている」とギターフロア「ロックイン仙台」フロアマネジャーの望月正大さん。「皆さん写真を撮っていただいたり、見て楽しんでいただいたりしている。写真より実物の方がよりリアルだと思うので、笹かまギターを見にお立ち寄りいただければ」と呼び掛ける。

 価格は75万6,000円。同店の営業時間は10時30分~19時30分。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?