食べる

仙台にマッシュポテトのテークアウト店 子どもも大人も楽しめる場に

トルコアイスのように伸びるマッシュポテト「アリゴ」

トルコアイスのように伸びるマッシュポテト「アリゴ」

  •  

 定禅寺通と国分町通の交差点を北へ進んだ場所に、マッシュポテトのテークアウト専門店「MR.MASH(ミスターマッシュ)」(仙台市青葉区国分町3、TEL 080-8218-5500)がオープンして3カ月がたつ。

「ミスターマッシュ」店内

 「『ジャガイモのおじさん ミスターマッシュのおうち』をコンセプトに、楽しい・かわいい・おいしい商品作りを行っている」と同店「研究室長」の小泉むつみさん。「子どもと大人が交じり合って刺激し合う場所にしたい」と、幅広い年代層が行き交う同所に出店した。

[広告]

 看板メニューのマッシュポテトは、北海道産のジャガイモにバターや牛乳などを加え、形がなくなるまでこして「どこまでもクリーミーな口当たり」に仕上げた「MASH(マッシュ)」(350円)と、「花畑牧場」のモッツァレラチーズを温めながら練り込んだ「Aligo(アリゴ)」(400円)の2種類。アリゴはトルコアイスのように伸びるのが特徴。

 「デンプンつながり」でストロベリーやマンゴーなど味付きのタピオカと特濃ミルクを使った「TAPIOCA MILK(タピオカミルク)」(6種、各550円)、冬季限定メニューでパンケーキ生地を使った「しっかり、しっとり」なワッフル「panffle(パンフル)」(マッシュ系2種、デザート系3種、各680円)も用意する(以上、税別)。

 9月10日のオープン後、10~20代の若い女性を中心にSNSで話題を集め、狙い通り客層は広がりを見せている。小泉さんは「子どもたちが『アリゴまじやばーい』と言ってキャッキャとはしゃいでいて、それを見て大人も興味を持ってやって来る。お店の前でコミュニケーションも生まれていて、楽しんでいる姿を見るとうれしい」とほほ笑む。

 営業時間は11時~18時。木曜定休。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?