天気予報

9

1

みん経トピックス

仙台「ジョジョ」マンホール仙台でハワイ風ビアガーデン

杜の都の夏を彩る「仙台七夕まつり」開幕 初日は77万人の人出でにぎわう

杜の都の夏を彩る「仙台七夕まつり」開幕 初日は77万人の人出でにぎわう

昼から午後にかけて晴れ間が広がった「仙台七夕まつり」初日の様子

写真を拡大 地図を拡大

 仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が8月6日に開幕し、初日から多くの市民や観光客らでにぎわいを見せた。

大勢の観光客らでごった返すクリスロード商店街

 藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、現在では東北三大祭りの一つとして知られる同祭。昨年は3日間で延べ228万3000人が訪れた。

 今年も市内中心市街地や各商店街に約3000本の竹飾りが取り付けられ、風にそよぐ吹き流しが市民や観光客の目を楽しませている。伝統的な七つ飾りや豪華絢爛(けんらん)な吹き流しをはじめ、アニメキャラクターや動物、こけしや伊達政宗公などをあしらった個性的なものもあり、子どもたちが笑顔で指さす姿も見られた。

 期間中は市内各所で関連イベントも行われる。勾当台公園市民広場・定禅寺通グリーンベルト・つなぎ横丁は「おまつり広場」として、飲食ブースをはじめ、伊達政宗公生誕450年記念コーナー、七夕の歴史と物語の紹介、ミニ七つ飾り作成体験、短冊書きコーナー、盆踊り、ステージイベントを展開。織り姫とひこ星をイメージしたハート型のアーチや竹を使ったオブジェも飾る。開催時間は10時~21時(点灯は18時~)。入場無料。

 瑞鳳殿(仙台市青葉区霊屋下)では参道や境内に1200本の竹灯籠を置き、本殿と涅槃(ねはん)門をライトアップし幻想的な雰囲気を演出。しの笛の演奏(18時~18時50分)、「森のコンサート」(19時~21時)も行う。開館時間は9時~21時。観覧料は、一般=550円、高校生=400円、小・中学生=200円。

 仙台城跡(青葉区川内)では伊達正宗公騎馬像をライトアップするほか、奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」による演武(19時ごろから)を披露する。開催時間は17時~20時。

 日曜の始まりとなった今年の初日は77万2000人が訪れ、昨年より1万1000人減。同祭協賛会事務局では3日間で延べ210万人の人出を見込むが、台風5号の接近により7日は朝から雨が降り、仙台管区気象台によると8日も雨の予報となっている。

 開催時間は、飾り付け時間=10時ごろ~22時ごろ(8日は21時ごろまで)、おまつり広場=10時~21時。今月8日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

カットした「一本堂」の食パン。左から「一本堂(ぷれーん)」「れーずん」「チーズゆたか」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング