仙台の設計事務所が「第三者監理」サービス-エクステリア認知向上へ

コンテストで金賞を受賞した同社のエクステリア作品。上が施工前、下が施工後

コンテストで金賞を受賞した同社のエクステリア作品。上が施工前、下が施工後

  • 0

  •  

 住宅の庭や玄関通路、駐車場などのエクステリアを手がける丸山設計(仙台市泉区長命ヶ丘1、TEL 022-377-3371)が今年4月から始めた新たなサービスが話題となっている。

 同社は仙台在住のエクステリアデザイナー・丸山マナブさんが2005年7月に独立開業した設計事務所。「庭から考える家造り」をコンセプトに住環境設計を行い、昨年、東洋エクステリア(東京都新宿区)主宰の施工コンテスト・リフォーム部門で金賞を受賞するなどの実績を残す。

[広告]

 サービスの内容は、手抜き工事や欠陥住宅などのトラブルを防ぐために建築士が客観的に監理する「第三者監理」と呼ばれる業務を無料で行うというもの。対象は同社にエクステリアのデザイン・工事の発注を行ったユーザーに限る。丸山さんは「第三者監理というと堅いが、ミスやトラブルを探すというネガティブな考えではない。一緒によりよい家作りをするために、気軽に相談してもらえれば」と話す。

 同社がサービスを始めた背景には、「エクステリア」が一般に知られていないという現状がある。家を建てる際、インテリアに比べてエクステリアは軽く考えられがちで、専門業者があることもあまり知られていないという。しかし、「エクステリアをないがしろにして失敗している家は多い」といい、「後回しにして残った予算で間に合わせる、というのは立派な洋服を着ているのに足下が裸足のようなもの」だと丸山さんは例える。

 「エクステリアの良しあしがその家全体のイメージにつながる」。そんなエクステリアの重要性や魅力を直接ユーザーに伝えるため、同社ではこれまで100%エンドユーザー対応という業界では異例の営業スタイルを貫いてきた。さらに今回のサービス開始で、「より多くの人にエクステリアの存在が広まっていけば、家作りの考え方も変わっていくのでは」(丸山さん)と期待を寄せる。

山口の造園会社敷地内にアンティーク雑貨店-姉妹を中心に社員が手作り(山口経済新聞)和風モダンテイストのタイル-前橋のエクステリア商材会社が発売(高崎前橋経済新聞)丸山設計ミヤヴィランドスケープ

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース