3密を避けて新しい生活様式へ!

夏の風物詩「仙台七夕まつり」開幕-市内各所で関連イベントも

約3000本の竹飾りが街を彩る「仙台七夕まつり」が開幕した

約3000本の竹飾りが街を彩る「仙台七夕まつり」が開幕した

  • 0

  •  

 仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が8月6日に開幕し、約3000本の竹飾りや吹き流しが市民や観光客の目を楽しませている。

「妖怪ウォッチ」の七夕飾りも

 今年も仙台市の中心市街地や各商店街には、伝統的な七つ飾りや豪華絢爛(けんらん)な吹き流しから、アニメキャラクターや動物、こけしや伊達政宗公などをあしらった個性的なものまで、さまざまな竹飾りが登場。

[広告]

 期間中は関連イベントも実施。勾当台公園市民広場・定禅寺通グリーンベルト・つなぎ横丁では「おまつり広場」として7つのエリアを展開。七つ飾り作成体験・願い短冊書きができる「七夕伝承エリア」、さまざまなアートワークショップやパフォーマンスプログラムを行う「織り姫エリア」、天の川をモチーフに竹のアーチとLEDイルミネーションを装飾した「イルミネーションエリア」、仙台・宮城の食を集めたフードコートと特設ビアガーデンの「伊達美味エリア」など。開催時間は10時~21時。入場無料。

 伊達政宗公の霊廟(びょう)「瑞鳳殿」(仙台市青葉区霊屋下)では「瑞鳳殿七夕ナイト」を実施。七夕飾り・本殿・涅槃(ねはん)門のライトアップをはじめ、参道や境内に竹灯籠を設置し幻想的な雰囲気を演出する。隣接する広場では、「しの笛の演奏」(18時~18時50分)、「森のコンサート」(19時~21時)も行う。開催時間は18時~21時。入場料は550円。

 仙台城跡(仙台市青葉区川内)では「仙台城跡七夕ナイト」を開催。伊達政宗公騎馬像のライトアップや、奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」よる夜間演武を実施する。開催時間は17時30分~20時(演武開始は19時ごろを予定)。

 同祭は8日まで。3日間で200万人以上の人出を見込む。

ピックアップ

Stay at Home