買う

仙台・あすと長町に「イケア仙台」開業-「希望のまちづくり」へ新たな一歩

オープニングセレモニーの様子。一番乗りの女性にストアマネジャーから5万円分のギフトカードが贈られた

オープニングセレモニーの様子。一番乗りの女性にストアマネジャーから5万円分のギフトカードが贈られた

  •  

 仙台・あすと長町に7月17日、「IKEA(イケア)仙台」(仙台市太白区あすと長町2)がオープンした。

ピーター・リスト社長は仙台弁で「皆さんイケアで楽しんでけろ」

 オープン前から市民ら約650人が列を作った。先頭は福島市から来店した40代女性で、テントを持参し15日の21時から並んだという。「以前、イケア新三郷に行った時からイケアが好きになった。近くにできて本当にうれしい。大きいソファがほしいと思っているので、今日はゆっくり見て行きたい」と笑顔を見せた。

[広告]

 オープニングセレモニーには、イケア・ジャパンのピーター・リスト社長、同店ストアマネジャーのイーマン・モンファレッドさん、村井嘉浩宮城県知事、奥山恵美子仙台市長、駐日スウェーデン大使のラーシュ・ヴァリエさんらが出席した。ブラスバンドの演奏や記念植樹を行った後、カウントダウンと共に開店すると、スタッフの拍手に出迎えられながら、客たちが一斉に店内へ足を踏み入れた。

 村井知事はあいさつで「これから被災者の皆さまはどんどん家を建てていくことになると思う。復興公営住宅もできてくるので、何といっても家具が必要になってくる。イケアさんの家具で皆さまが安心した暮らしができるよう、われわれも一生懸命バックアップさせていただきたい」と意気込んだ。

 奥山市長は「あすと長町は仙台が20年来作ってきた南の大きな拠点の町。11月には仙台市立病院もすぐ隣に移転し、年度末には復興公営住宅も3カ所立つ予定。復興に向けて希望のまちづくりが、ここあすと長町からイケアさんと共に始まる」と期待を寄せる。

 ラーシュ・ヴァリエ大使は「イケア仙台を通じて、スウェーデンと東北が一層強い絆で結ばれることを期待している。イケア仙台が何十年にもわたり、東北の人々にとって身近で魅力ある存在として成長し、良き市民になることを切に願っている」と期待を込めた。

 営業時間は、日曜~金曜=10時~19時(9月30日までは21時まで)、土曜・祝日=10時~21時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?