天気予報

4

-2

みん経トピックス

仙台に「ニコンプラザ」仙台空港で「復興空弁」販売

観光復興キャンペーン「東北観光博」開幕-各地を博覧会会場に見立て集客

  • 0
観光復興キャンペーン「東北観光博」開幕-各地を博覧会会場に見立て集客

仙台駅で行われた「東北観光博」オープニングイベント。県内4ゾーンのおかみとご当地キャラが顔をそろえ、それぞれの地元をPRした

写真を拡大 地図を拡大

 東日本大震災からの観光復興を目的に観光庁と東北6県などが展開するキャンペーン「東北観光博」が3月18日、開幕した。

むすび丸登場

 東北地方への観光客は、震災直後の昨年3月~5月には県内への観光客数が22年度の2割程度に落ち込むなど激減。その後、徐々に回復したが、1年たった現在もまだ8割程度。同キャンペーンを通して東北地方への旅行需要の喚起を目指す。

 テーマは「こころをむすび、出会いをつくる。」。東北全体を大きな博覧会会場に見立て、主要な観光地28カ所を「ゾーン」として設定。さまざまな取り組みを通して、全国から各地域への旅行客を呼び込む。

 県内では「大崎・鳴子」「松島」「仙台・秋保・作並」「白石・宮城蔵王」の4ゾーンを展開。各ゾーンには観光案内人が常駐する「旅サロン」や「旅の駅」を設置。公式ガイドブックの配布や、観光案内人による観光スポットの情報提供など、旅のサポートを行う。旅サロンでは「東北パスポート」を発行し、割引特典や「方言スタンプ」を使ったスタンプラリーも実施。

 ウェブ上にはポータルサイトを開設し、東北地域の観光情報を一元的に提供する。サイトは日本語・英語・韓国語・中国語の4カ国語に対応。内容は各ゾーンの紹介をはじめ、イベントカレンダー、交通アクセス、滞在プログラムなど。ツイッターやフェイスブックとの連携も図り、観光案内人との情報交換や旅行者による体験談・口コミ投稿も可能にした。

 開催初日には、仙台駅2階コンコース・ステンドグラス前でオープニングイベントを実施。各ゾーンの旅館・ホテル4施設のおかみやご当地キャラクターも駆け付けてPRを行った。

 あいさつに立った東北運輸局の松本年弘次長は「東北には豊富な観光資源、雄大な自然、旬なグルメ、温泉と名湯、歴史・文化、また地域の方しか知らない隠れた観光資源もある。今回ご旅行いただく方々には、東北のファンになっていただき、再びまた東北の地を訪れていただければ」と呼び掛けた。

 開催期間は2013年3月末まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング