買う

仙台の作家グループが販売イベント「ハルノイエ」-「ちょっこりハッピー」に

昨年の「ハルノイエ」の様子。仙台・東北の作家による雑貨、アクセサリー、古道具などが並ぶ

昨年の「ハルノイエ」の様子。仙台・東北の作家による雑貨、アクセサリー、古道具などが並ぶ

  •  

 仙台パルコ(仙台市青葉区中央1)4階に4月6日、期間限定セレクトショップ「hal:no:ie(ハルノイエ)」がオープンする。

 仙台・東北で活動する作家グループが不定期で開催する展示販売イベント「chocol(チョコル)」の25回目として開くもの。毎回、20~30代の女性を中心に多くの利用客が訪れる。

[広告]

 イベントを主宰するアクセサリーデザイナーのワタナベリョウさんは「この大変な時期の開催についてメンバーみんなで悩んだが、楽しみにしてくださる方がいるかもしれない、私たちこそ頑張らないといけないのかもしれないと考えた」と話す。

 雑貨・イラスト・菓子・アクセサリー・クラフトなどの作家19組が参加。「ハルノイエ(春の家)」をテーマにした、アクセサリー・布雑貨・紙雑貨・はんこ・食器・キャンドル・パンなどを販売する。価格は150円~4万円台。

 ワタナベさんは「これからの季節に合いそうなかわいいもの、新しい生活にプラスしたくなるものが見つかる場所。一人でも多くの方に、チョコルのテーマでもある『ちょっこりハッピー』な気持ちになってもらえれば」と話す。

 開催時間は11時~18時。今月20日まで。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?