食べる

仙台・富沢にベークドチーズケーキ専門店-口コミで客層広げる

同店のベークドチーズケーキ。「しっかりとした口当たりで、さらりとした口溶け。チーズ本来の香りが広がる」(渡沢さん)

同店のベークドチーズケーキ。「しっかりとした口当たりで、さらりとした口溶け。チーズ本来の香りが広がる」(渡沢さん)

  •  

 仙台市太白区にベークドチーズケーキのテークアウト店「ワールドベイクドチーズケーキ」(仙台市太白区富沢宮崎、TEL 022-243-2270)がオープンして約2カ月がたった。

「ワールドベイクドチーズケーキ」店内ショーケース

 「子どものころから好きなチーズケーキがあって、その味を自分で作ってみたいと思った」と話すオーナーの渡沢真さん。10年ほど前から全国のさまざまなチーズケーキを食べては自身でも試作を繰り返し、脱サラを機に開業を決意。昨年11月、自宅の横にコンテナを導入して内外装を手作りし、0.7坪の小さな売り場を構えた。

[広告]

 提供する商品のコンセプトは「チーズ・イン・チーズケーキ」。「伝統の作り方で、各国それぞれのチーズの良さを十二分に引き出せるのはベークド」との考えから、ベークドタイプのチーズケーキのみを販売する。材料には世界各国のナチュラルチーズのほか、ニュージーランド産のクリームチーズ、地養卵、牛乳、砂糖、レモン汁。小麦粉の代わりに米粉を使い、「なめらかな口当たりを意識した」。

 ラインアップは、ヤギのチーズを使用したキャラメル風味の「スキクィーン」、ミルクの甘みが感じられる「カマンベール」、北海道産のウォッシュチーズを使用した「ロビオーラ」、8種類のハーブが香る「スイス・アルプ・ベルビュ」など常時約10種類。直径7センチ・深さ2.5センチのカップ入りで、価格は各200円(一部限定商品は異なる)。1日の販売個数は各種約15個。

 オープン前は20代後半~40代の女性をターゲットに考えていたが、口コミで広がり主婦や年配客など幅広い層が訪れ、男性1人客の姿も多いという。渡沢さんは「全国的にも類を見ない商品構成だと自負している。チーズの香りと味が生きたチーズケーキをぜひ味わっていただければ」と話す。「今後は市内の飲食店やイベントとのコラボも精力的に行っていければ」とも。

 営業時間は9時~19時。土曜・日曜・祝日定休。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?