食べる

「旅する生ハム屋&パニーノ屋」が間借り営業 「飲食店の固定観念変えたい」

「生ハムとモッツァレラチーズ(フォカッチャ)」とスープと野菜総菜のセット

「生ハムとモッツァレラチーズ(フォカッチャ)」とスープと野菜総菜のセット

  • 20

  •  

 パニーノ(サンドイッチ)と生ハムの店「Paninoteca ComeSta(パニーノテカ コメスタ)」(TEL 070-8426-7043)が4月14日、名掛丁センター街の高級酒量り売り店「ブザエモン」(仙台市青葉区中央1)で間借り営業を始めた。

パニーノテカ コメスタが間借り営業を行うブザエモン店内

[広告]

 店主は、大町で生ハム・サラミ専門店「サルメリア コメスタ」と、肴町公園近くでサンドイッチと総菜のテイクアウト専門店「イング」を営んでいた千葉元気さん。コロナ禍での飲食の在り方を考え、「飲食店の固定観念を変えたい」と両店を1月に閉め、現在は店舗を持たない「旅する生ハム屋&パニーノ屋」として飲食店とのコラボやイベント出店を行っている。

 新たな試みとして間借り営業を始めた。木曜~日曜の昼時間帯を利用する。店舗面積は約7坪、席数はカウンター5席。

 パニーノは週替わりで常時5種類以上を用意。具材は、切りたて生ハムをはじめ、サラミやハム、魚介類や旬の野菜などを使う。パンは自家製フォカッチャのほか、一部メニューはクロワッサンや無酵母パン・ピアディーナへの変更に対応する。

 メニューは、「生ハムとモッツァレラチーズ」「生ハムとクリームチーズとフレッシュトマトの濃縮ソース」「ノイマルクトさんの加熱サラミとポヴェネッロ」「モルタデラハムとブリーチーズ」「イタリアミートボール“ポルペッタ”」「スモークサーモンとアボカドとクリームチーズ」「エビとイカのブルギニオン」など。価格は650円~。「スープセット」(200円増し)、「野菜総菜セット」(400円増し)、「スープと野菜総菜セット」(500円増し)も用意する。テイクアウト、イートインに対応する。

 生ハムはテイクアウト販売限定。前日までに要予約の「生ハム・サラミ盛り合わせ4種」(2,160円)と「生ハム・サラミ盛り合わせ6種」(3,240円)、その日のお薦め1種類をスライスして提供する予約不要の「本日の生ハムスライスパック」(1,000円)を販売する。

 客単価は1,200円。以前の店の利用客のほか、駅前という立地もあり新たな客層を得ているという。「スタイルは変わったが、今までと同じように生ハムやパニーノの楽しみ方を見つけて喜んでもらえたら」とほほ笑む。

 営業時間は11時~16時。月曜~水曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース