見る・遊ぶ

仙台ロイヤルパークホテルで「こたつグランピング」 イルミ見ながら食事を

グランピングテント内で食事をしながらガーデンイルミネーションを楽しめるこたつグランピング(写真提供=仙台ロイヤルパークホテル)

グランピングテント内で食事をしながらガーデンイルミネーションを楽しめるこたつグランピング(写真提供=仙台ロイヤルパークホテル)

  • 29

  •  

 仙台ロイヤルパークホテル(仙台市泉区寺岡6、TEL 022-377-1111)が現在、「こたつグランピング」を提供している。

仙台ロイヤルパークホテルの庭園内に設置されたグランピングテント

[広告]

 敷地内の庭園を生かした過ごし方の提案を検討する中で、グランピングブームに着目した同施設。庭園で四季折々の景色を眺めながら、道具やテントを張る作業なしにアウトドア気分を楽しみ、グランピングテントで食事を取るプラン「グランピングレストラン」を2017(平成29)年5月から展開している。日本グランピング協会によると、グランピングは「グラマラス(魅力的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した『良い所取りの自然体験』に与えられた名称」。

 「こたつグランピング」は、こたつ付きのグランピングテント内で食事をしながら庭園のイルミネーションを楽しめる冬季限定企画。ディナータイムは、岩手県産豚と宮城県産鶏のポトフ(締めはトマトリゾット)、東北の魚介ブイヤベース(同チーズリゾット)、宮城県産牛の赤ワイン煮込み(同ラグーパスタ)の3種類から選べるメインディッシュのほか、生ハム、キノコとツブ貝のココット、デザート、コーヒーまたは紅茶が付いた専用メニュー(6,500円~8,500円)を提供する。ランチタイムは、同施設のオールデーダイニング「シェフズ テラス」のメニューを注文できる。

 家族や女子会での利用が多く、「なかなか遠くには行きづらい状況の中で、近場で非日常体験を楽しんでもらえているのでは」と広報担当者。「ヨーロッパの雰囲気やロマンチックなイルミネーションと日本のこたつの組み合わせは意外かもしれないが、想像よりもしっくりくる。冬の思い出づくりに利用してもらえれば」と話す。

 営業時間は、ランチタイム=11時30分~15時、ディナータイム=17時30分~21時(土曜・日曜・祝日は21時30分まで)。こたつグランピングの利用はランチ・ディナー各1組限定、2時間制で、前日までに予約が必要。利用料金は1棟5,000円(5人~8人の場合はこたつ1台追加で3,000円増し)。食事代別途。2月28日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース