食べる

仙台フォーラスに青森発ローチョコレートの限定店 アレルギー配慮商品展開

仙台フォーラス1階で期間限定営業している「WHAT A WONDERFUL CHOCOLATE」

仙台フォーラス1階で期間限定営業している「WHAT A WONDERFUL CHOCOLATE」

  • 16

  •  

 青森発のチョコレートブランド「WHAT A WONDERFUL CHOCOLATE(ワット ア ワンダフル チョコレート)」のポップアップストア(TEL 080-1446-0045)が現在、仙台フォーラス(仙台市青葉区一番町3)1階に出店している。

ローストしない生カカオ豆を使って作るローチョコレートを販売

[広告]

 広告デザインや空間デザイン、飲食店プロデュースを手掛けるクロックアップ(青森県青森市)が2015(平成27)年から展開する同ブランド。ローストしない生カカオ豆を使って作る「ローチョコレート」のブランドで、砂糖・乳製品・添加物を一切加えずにパティシエが手作りした商品を販売する。ロー(raw)は英語で「生」の意。同社担当者は「CCOF(California Certified Organic Farmers=米カリフォルニアの有機認証機関)の基準をクリアした素材を使い、低GIの天然甘味料アガベシロップで甘みを付けている。苦味の少ないカカオ本来のフルーティーな味わいと、口の中で消えるような口溶けが楽しめる」と話す。

 アトピー性皮膚炎と食物アレルギーのあった同社の中村公一社長が「同じようにアトピーで悩む子どもでも食べられるようなチョコを作れないか」という思いから、カカオについて調べ始めたのがブランド誕生のきっかけという。担当者は「カカオを焙煎(ばいせん)せずアレルゲンの発生を抑えられる方法を採用したのがローチョコレートの始まり。同じくアレルゲンが含まれる植物油脂や乳化剤、保存料、添加物も不使用。アレルギー反応には個人差があるので完全なアレルギー対応食品とはいえないが、少しでも抑えられたらという思いで作っている」と話す。

 ポップアップストアでは、「カカオ70%」「カカオ85%」「カカオ90%」「アオモリアップル」「ピスタチオ」「シーソルト」「アオモリカシス」「ピンクペッパー」「ユズシチミ(ゆず七味)」「カカオニブス」の10フレーバーをそろえる。価格は、スタンダードサイズ=各920円、ミニサイズ=各490円。

 ドライフルーツにローチョコレートを絡めた「パイナップル」「ストロベリー」(以上380円)、キャラメリゼしたアーモンドをカカオ70%のチョコレートでコーティングした「アマンドショコラ」(480円)、ピスタチオやドライフルーツをふんだんに使った「プレミアムピスタチオ」「プレミアムストロベリー」「プレミアムアソート」(以上1,620円)なども販売する。1月下旬からはバレンタイン限定商品の展開を予定する。

 フランス産発酵バターを使ったクロワッサン生地をワッフルマシンでプレスして焼き上げ、製菓用チョコレートやナッツ、ドライフルーツなどをトッピングしたワンハンドスイーツ「ポップスティック」も販売。個性的なネーミングの8種類「ディスコガール」「冬の恋人」「東洋の貴公子」「森の住人」「ベリープリンセス」「西洋の貴婦人」「ばなな坊や」「りんご姫」(以上380円)を用意する。

 営業時間は10時~20時。3月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース