食べる

仙台駅前の屋外スペースで「さんさんバル」 南三陸の海産物使う料理提供

テント付きのスタンディングテーブル8つを用意するフリーエリア。防寒機器も準備する

テント付きのスタンディングテーブル8つを用意するフリーエリア。防寒機器も準備する

  • 106

  •  

 南三陸町産の海産物を使ったメニューを提供する「南三陸オープンテラス さんさんバル」が10月25日、仙台駅前の「EVENT PARK(イベントパーク)」(仙台市青葉区中央1)に期間限定オープンした。

南三陸の海産物を使ったテークアウトメニュー

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で流通が滞った南三陸産食材の消費回復と交流人口の回復、地域経済の活性化を目的に、「産地と観光客を食の力で結び付けるイベント」として南三陸町が企画。会場内にはテント付きのスタンディングテーブル8つを設けるフリーエリアと、ガーデンイグルー(ドームハウス)内でコース料理が楽しめるリザーブエリアを用意する。フードやドリンクはキッチンカーで販売し、コース料理はスタッフがサーブする。

[広告]

 単品メニューは、「牡蠣(かき)のコンフィ&ガーリックバケット」(500円)、「ムール貝白ワイン蒸しとポテトフライ」「三陸鯖(さば)とトマトのシチリア風煮込み」「タコのパエリア」「アクアパッツァ(三陸産鮭と魚介のスープ)」(以上700円)など。ドリンクは、南三陸ワイナリーが手掛けるワイン「DELAWARE 2019 デラウェア(白・辛口)」(500円)、「STEUBEN 2019 スチューベン(ロゼ・辛口)」(600円)、「MERLOT 2019 メルロ(赤・辛口)」(700円)をはじめ、瓶ビールやソフトドリンクを用意する。

 1日8組限定となる完全予約制のコースでは、南三陸産のアワビやムール貝、仙台牛などを使ったイタリアンコース(1人7,000円)を提供。予約時間は11時、13時、17時、19時(最終日は13時まで)。1室4人まで利用できる。予約は南三陸町観光協会のウェブサイト「みなたび」で受け付け、「日中の時間帯は若干の余裕があるので、お早めに予約いただければ」と担当者。

 「南三陸の魚介とワインのマリアージュを開放的な空の下で楽しんでいただけるイベント。新型コロナの影響で流通が滞る地域事業者支援の一環でもある。アワビやカキやタコなど、この機会に南三陸の食材を存分にお試しいただければ」と町の担当者。土曜・日曜・祝日には水産加工品などを販売する「さんさんマルシェ」も開く。

 営業時間は11時~21時(10月30日、31日、11月2日、6日は22時まで)。11月7日まで。新型コロナウイルス感染拡大防止対策として会場内の定期的な消毒を行うほか、入場制限を行う場合がある。来場者には個人情報の登録、入場時の検温・手指消毒、QRコードの読み込みまたは必要事項の記入、マスク着用を求める。

 11月1日からは、市内飲食店60店で南三陸産食材を使ったメニューを提供するコラボレーションイベントを開く。終了時期は店により異なる。