見る・遊ぶ

仙台パルコで35周年記念「ガンプラEXPO」 新作初披露や著名人作品展示も

「ガンプラEXPO JAPANTOUR 2015」仙台会場で初披露された「HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)」

「ガンプラEXPO JAPANTOUR 2015」仙台会場で初披露された「HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)」

  •  
  •  

 仙台パルコ(仙台市青葉区中央1)5階・パルコスペース5で5月21日、ガンプラ誕生35周年記念イベント「ガンプラEXPO JAPANTOUR 2015 in SENDAI」が始まった。主催はバンダイ(東京都台東区)ホビー事業部。

DJ LOVE専用ズゴック

 ガンプライベントの全国ツアーとしては、2010年の30周年記念イベント「ガンプラEXPO JAPAN tour」以来5年ぶり2回目となる。2月27日の名古屋を皮切りに、福岡、仙台、札幌、広島、大阪の全国6都市を巡回する。

[広告]

 「未来のガンプラ工場」をテーマにした会場内は、「01 SD GUNDAM BB SENSHI」「02 REBORN-ONE HUNDRED」「03 MASTER GRADE」「04 PERFECT GRADE」「05 REAL GRADE」「06 GUNPLA SUPPORTERS」「07 FAN TO BUILD GUNPLA」「08 HIGH GRADE」で構成し、歴代のガンプラを展示する。

 35周年のテーマである「新生-REVIVE-」として発表した「HGUC RX-78-2 ガンダム」「HGUC ガンキャノン」「HGCE フリーダムガンダム」をはじめ、仙台会場で初披露となる11月発売予定の「HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)」も展示。35周年を記念したプロジェクションマッピングや、GLAYのHISASHIさんによる「E.F.SOCOM(Earth Federation Special Operations Command)」、DJ LOVEさん(SEKAI NO OWARI)による「DJ LOVE 専用ズゴック」、トータス松本さん(ウルフルズ)による「重機のアッガイ」など、各分野の著名人15組がデザインを施したガンプラも展示する。

 同イベント担当者は「ガンプラファンの方はもちろん、まだガンプラに触れたことがない方にもぜひ来場いただき、その歴史や進化、かっこよさを体感してもらえれば」と呼び掛ける。

 開催期間中は同館4階の吹き抜けスペースに物販ブースを開設。「HG 1/144 ガンダム G- セルフ(大気圏用パック装備型)力ラークリア Ver.」(1,720円)、「HGBF 1/144 トライバーニングガンダム PPクリアVer.」(1,940円)、「HGUC 1/144 ガンダム F91(残像イメージクリア Ver.)」(1,290円)、「RG 1/144 ストライクフリーダムガンダム クリアカラーVer.」(3,240円)、「HGBF 1/144 ネオンベアッガイⅢ」(1,940円)など会場限定アイテムのほか、静岡のバンダイホビーセンターで限定販売されているプラスチックの再生材で作られたプラモデル「エコプラ」もそろえる。

 開催時間は10時~21時(入場は閉場の30分前まで、最終日は18時閉場)。入場無料。6月7日まで。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?