食べる

仙台・富沢「コメダ珈琲店」、近隣住民の憩いの場に-リピーターも増加

木とレンガを基調とした温かみのある店内

木とレンガを基調とした温かみのある店内

  •  

 地下鉄富沢駅近くに1月22日、名古屋発祥の喫茶店チェーン「珈琲(コーヒー)所 コメダ珈琲店 仙台富沢店」(仙台市太白区大野田字宮脇、TEL 022-797-7990)がオープンした。

「コメダ珈琲店 仙台富沢店」の外観

 コメダ(愛知県名古屋市)が愛知を中心に、全国604店舗(1月末現在)を展開する同チェーン。東北エリア2店舗目として今回、宮城に初出店した。郊外型店舗となる同店の店舗面積は約78坪、席数は123席。木とレンガを基調とした温かみのある店内には禁煙席と喫煙席を設ける。

[広告]

 提供メニューは、ドリンク約50種類、フード約40種類(季節限定メニューを除く)。11時までは、ドリンクメニューにトーストとゆで玉子(たまご)が付くモーニングサービスも行う。

 オープンから3週間がたち、家族連れを中心に近隣の住民や会社員などが来店し、リピーターも増えている。現在は、「ブレンドコーヒー」(420円)、温かいデニッシュパンに冷たいソフトクリームをのせる同チェーンの看板スイーツ「シロノワール」(590円)のほか、今月28日までの期間限定メニュー「キャラノワール」(490円)や、「チョコラート」「キャラメラート」(以上520円)が人気だという。

 同社経営管理部の清水大樹さんは「地域の皆さまに愛される店舗を目指している。ぜひ気軽に利用いただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は7時~23時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?