食べる

仙台・勾当台公園で恒例「鍋まつり」-県内13市町村「自慢の鍋」が集合

秋晴れに恵まれ多くの来場者でにぎわった昨年の「仙臺鍋まつり」の様子

秋晴れに恵まれ多くの来場者でにぎわった昨年の「仙臺鍋まつり」の様子

  •  
  •  

 仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で11月6日・7日、仙台圏域13市町村の鍋料理を一堂に集めた「仙臺(だい)鍋まつり」が開かれる。

大ぶりのカキが入った利府町の「かき鍋」

 地域の特産品を具材として盛り込んだ各市町村「自慢の鍋」を販売する同イベント。地域食材のPRと消費拡大、各地域への誘客を目的に2007年から毎年開催。秋の恒例イベントとして定着した。

[広告]

 参加市町村の半数以上が沿岸部のため震災の影響で昨年は開催が危ぶまれたが、各市町村の強い意向を受けて開催にこぎ着けた。来場者からは「復興のために力を合わせて頑張っている姿に感動した」「いろいろな鍋を食べて笑顔になれた」「郷土の食材を知ることが良かった」などの声が寄せられたという。

 今回販売する鍋は以下の13種類。塩竈市「藻塩入り 塩竈汁」、亘理町「サケのあら汁」、大和町「舞茸(マイタケ)汁」、大郷町「米粉すいとん汁」、富谷町「十三夜(とうみや)吟醸鍋」、大衡村「キムチ鍋」(以上100円)、仙台市「仙台芋煮」、名取市「ゆりあげ浜やの あんこう鍋」、多賀城市「多賀城やかもち鍋」、岩沼市「岩沼とんちゃん もつ煮込み」、松島町「かき鍋」、七ヶ浜町「ボッケ鍋」、利府町「かき鍋」(以上200円)。2日間で延べ約1万杯を用意する。

 当日は各市町村のPRブースを設けるほか、農産物販売会「仙台市エコファーマーフェア」も併催。仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会の仙台地域部会担当者は「それぞれの市町村に関心を持っていただき、1人でも多くの方に足を運んでいただくきっかけになれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~14時(売り切れ次第終了、エコファーマーフェアは10時~15時)。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?