仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」開幕-初日は68万人の人出

「仙台七夕まつり」2日目の様子。風にそよぐ竹飾りが市民らに涼しさを感じさせている

「仙台七夕まつり」2日目の様子。風にそよぐ竹飾りが市民らに涼しさを感じさせている

  • 0

  •  

 仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が8月6日に開幕し、約3000本の竹飾りや吹き流しが市民や観光客の目を楽しませている。

むすび丸などキャラクターをあしらった竹飾りも

[広告]

 今年のテーマは「願い・希望・感謝」。「復興への願いと希望を抱きながら全国からの復興支援に対する感謝の気持ちを込めてお祭りを開催するという意味を込めた」(仙台七夕まつり協賛会の庄子正文実行委員長)。

 仙台市の中心市街地や各商店街には伝統的な七つ飾りをはじめ、豪華絢爛(けんらん)な吹き流し、アニメキャラクターや動物、こけしや県観光キャラクター「むすび丸」などをあしらった個性的なものまで、さまざまな吹き流しが風にそよいでいる。

 関連イベントとして勾当台公園市民広場と定禅寺通グリーンベルトでは「おまつり広場」を開催。「感謝の広場」と題した市民広場には、七つ飾り作りのワークショップや願い短冊コーナー、仙台七夕創生記となる藩政期から現在までの七夕の歴史を紹介するコーナーなどを開設。特設ステージでは、音楽・お笑いなどのライブ、ご当地ヒーローショー、奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」による演舞などのステージイベントを実施。開催時間は10時~21時。

 定禅寺通のグリーンベルトでは、竹のアーチにLEDイルミネーションを装飾した「未来へのトンネルと天の川」や、宮城ゆかりの著名人31人によるメッセージあんどんを置く「希望への道」(国分町通~晩翠通)、国内外の個人・団体から贈られた竹飾り・短冊・折り鶴などを展示する「願いの道」(一番町通~国分町通)も来街者を迎える。

 今年は3日とも平日開催となった同祭。初日は突然の雷雨にも見舞われたが、68万人が来場。仙台市中心部は多くの観光客や浴衣姿の市民らでにぎわい、七夕飾りの下で写真を撮る姿が各所で見られている。同祭協賛会事務局では期間中、述べ210万人の人出を予想する。8日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース