「猫の島」石巻・田代島のDVD第3弾-震災後の「ねこ太郎」の姿も

田代島で無事に生活していたねこ太郎。震災後の映像から

田代島で無事に生活していたねこ太郎。震災後の映像から

  • 0

  •  

 仙台の映像制作会社「スカイモーションピクチャーズ」(仙台市青葉区昭和町)が2月22日、「猫の島」こと田代島(石巻市)の猫を映像に収めたDVD「『田代島ねこぱらだいす』~ねこ太郎と仲間たち~」の予約受け付けを始めた。

ねこ太郎と妻の黒猫

 2009年・2011年に発売したDVD「ねこぱらだいす」シリーズの第3弾となる同作。購入客の反響を受けて制作の準備を進めていた矢先、東日本大震災が発生。田代島は津波による甚大な被害を受け、一度は制作を断念した。

[広告]

 その後の猫の様子を確かめようと、8月に島へ渡った同社の石山泰人社長は、そこで震災の被害を目の当たりにする。「港周辺にはガレキが山のように積まれていて、被災した家屋や建物の後が生々しく残っていた。港周辺の猫たちは以前の遊び場にはおらず、あまり集団では見かけなかった」。

 そんな中でも淡々とマイペースに生きている猫の姿を見て、「何か大切な気持ちのありようを教えてくれているような気がした」と石山さん。「映像を通してそのことを多くの人に感じていただきたい」と、あらためて制作に取り掛かった。

 DVDには、第1弾・第2弾の撮影素材を再編集した総集編に加え、前作でメーンを務めたトラ猫「ねこ太郎」の震災後の様子を収録。震災前に住んでいた地域から峠を越えた場所で、妻と子猫と生活していたねこ太郎は、「やや精悍(せいかん)な顔つきになっていたが、マイペースでのんびりとした猫らしさを失っていなかった」という。人懐こさも以前のままで、「撮影にも長時間付き合ってくれた」。

 石山さんは「震災後、たくさんの方から島や島の猫たちを心配する声を頂いた。なかなか島を直接訪れることができない全国の猫好きの皆さんに、ぜひご覧いただければ」と呼び掛ける。

 収録時間は約70分。価格は2,310円。同社サイトで予約を受け付け、3月11日から販売する。