天気予報

9

1

みん経トピックス

麦とホップにベガルタ仙台缶こけし付箋紙で被災動物支援

仙台で複数店舗による販売イベント「+R」-好評で5回目の開催へ

  • 0
仙台で複数店舗による販売イベント「+R」-好評で5回目の開催へ

展示販売イベント「+R」の様子。それぞれの店の雰囲気を感じながら品物選びが楽しめる

写真を拡大 地図を拡大

 仙台市青葉区の商業ビル「クラックス」(仙台市青葉区一番町3)3階で10月1日、複数のショップが参加する展示販売イベント「+R(プラスアール)」が始まった。

「+R」店内の様子

 「real(本物)」「reborn(再生する)」「relax(くつろぐ)」「resound(反響する)」「rest(休息)」など、「R」が頭文字となる言葉をキーワードに商品を提案する同イベント。昨年12月に初開催後、参加店舗の入れ替えを行いながら、これまで4回開催。各店の利用客や雑貨・アンティークファンを中心に幅広い層が来場し、期間中のリピートも多いなど好評を得ている。

 5回目となる今回は、骨董(こっとう)&アンティーク店「ISHINN」(青葉区新坂町)、書本&カフェ「magellan」(春日町)、ギャラリー&アトリエ「stock」(一番町1)、セレクトショップ「Decoeur」(立町)、古道具・雑貨店「道具屋、寺島。」(大町2)、カフェ「Sweet Spice Asano」(花京院2)、ヨガスクール「holt」(若林区舟丁)、アートプロジェクト「ビルド・フルーガス」(塩竈市)、仙台出身の器作家・木村香菜子さんが参加。期間中に店舗が増える予定も。

 商品は、本・食器・洋服・アクセサリー・ポストカード・文房具・菓子・ジャム・アンティーク家具などで、毎日商品が入荷する。価格帯は10円~20万円台と幅広いが、「リーズナブルな価格帯のものが多い」という。

 今回も開催初日からにぎわいを見せ、仕事帰りに連日立ち寄る利用客も。ビルド・フルーガス代表の高田彩さんは「一点物が多く、毎日新しい入荷もあるので、ぜひお気に入りの商品に出合ってほしい。暮らしの中に個性的なアイテムを取り入れてもらえれば」と話す。

 開催時間は10時~20時。12月31日まで。期間中はワークショップなどのイベントも予定する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

カットした「一本堂」の食パン。左から「一本堂(ぷれーん)」「れーずん」「チーズゆたか」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング