プレスリリース

【これからの建設業界に期待することは?】7割以上の方が建設業界は景気を牽引する仕事と回答!その理由は?

リリース発行企業:JAGフィールド株式会社

情報提供:

JAGフィールド株式会社(本社所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:菊田 太一)は建設業界で3年以上働いている方を対象に、これからの建設業界に関する調査を実施しました。


建設業界は、社会にとって欠かすことのできない存在です。
生活の基盤となる、住まいや会社、公共施設などありとあらゆるところで、建設業界は関わっているでしょう。

そんな建設業界が関わる公共事業やインフラ整備(再整備)は、景気を牽引すると言われています。
これらが活発化することで、直接需要と雇用創出を刺激し、経済を活性化させる一つとなり得ると考えられています。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、日本経済は大きく落ち込みました。
そのため、建設業界が今後控えているインフラ整備(再整備)を始めとする、様々な公共事業に期待が寄せられているかもしれません。

建設業界で働いている方の中には、これからの建設業界に期待している方もいるでしょう。
では実際に、これからの建設業界のどのようなことに期待しているのでしょうか?

そこで今回、JAGフィールド株式会社https://www.jag-fld.com/)は、建設業界で3年以上働いている方を対象に、これからの建設業界に関する調査を実施しました。


建設業界は景気を牽引する?景気を刺激すると思われる策を聞きました!

冒頭でもご紹介したように、建設業界は景気を牽引する存在だと言われています。
では、建設業界で働くどのくらいの方が、景気を牽引する仕事だと思っているのでしょうか?


「建設業界は景気を牽引する仕事だと思いますか?」と質問したところ、7割以上の方が『はい(73.9%)』と回答しました。

多くの方は建設業界は景気を牽引する仕事だと感じているようです。
では、具体的にどのような仕事が景気の刺激策となりうると考えているのでしょう。詳しく聞いてみました。

■建設業界で働く私が考える景気の刺激策
・複合施設やランドマークを建設する(30代/男性/東京都)
・高速道路のリニューアルで行き来を増やす(30代/女性/宮城県)
・老朽化したインフラの整備(40代/男性/愛知県)
・地方の公共事業増による活性化(50代/男性/鳥取県)
・老朽化した建物・橋などの建て替え(50代/男性/愛媛県)

などの回答が寄せられました。

インフラの整備(再整備)や公共事業が景気の刺激策となりうるといった考えがあるようです。


建設業界で今後最も力をいれるべきインフラ整備(再整備)は◯◯と判明!欠かせない人材は…?

先程の調査で、建設業界で働く方が考える景気の刺激策が明らかになりました。
その中でも、インフラの整備(再整備)は景気を刺激する上で非常に重要であることが考えられます。

では、建設業界がこれから最も力をいれてくべきインフラの整備(再整備)とは何が挙げられるのでしょうか?


「建設業界で最も力をいれていくべきインフラ整備(再整備含む)を教えてください」と質問したところ、『老朽化した東京の下水道の整備(30.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『リニア中央新幹線の開通工事(21.5%)』『首都高速の再整備(20.5%)』『大阪万博によるインフラ整備(10.9%)』『東京メトロによる銀座線全駅リニューアル計画(3.4%)』と続きました。

水道や交通など生活する上で欠かすことのできないインフラの整備に、力を入れてくべきであると考えているようです。

インフラの整備をしていく上で、そこに携わる人々の存在は必要不可欠です。
では、インフラの整備には、どのような人材が必要だと考えているのでしょうか?




「インフラ整備(再整備含む)にはどのような人材が欠かせないと思いますか?」と質問したところ、『経験のある技術者(エンジニア)(63.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『経験・未経験問わず若い人材(25.1%)』『経験や年齢は問わない(9.6%)』と続きました。

経験のある技術者が求められている一方で、経験ではなく若手の人材も求められていることが明らかになりました。
建設業界では、「若者離れ」が業界の課題として挙げられています。
このことから、インフラ整備(再整備)においても経験ではなく若い人材が求められているのかもしれません。


これからの建設業界に期待していることとは…?

前述の調査で、建設業界で働く方が考える最も力をいれるべきインフラ整備(再整備)や、それに伴いどのような人材が求められているのかが明らかになりました。

では、建設業界で働いている方は、これからの建設業界に何を期待しているのでしょうか?




「これからの建設業界に期待していることを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『インフラの整備(再整備)(50.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『公共事業の活発化(39.8%)』『建設業界のICT化(33.3%)』『AIなどの活用による人手不足の解決(22.9%)』『テレワークなどの働き方の変化(13.9%)』と続きました。

インフラ整備(再整備)や公共事業の活発化は、景気の刺激策だという意見も寄せられていました。
そのような理由から、期待している方が多いのかもしれません。

■建設業界のこれからに期待している理由は?
・公共事業ならば貢献しやすくやりがいがある(20代/女性/埼玉県)
・全国各地でインフラが老朽化しており、更新の必要が生まれているため(30代/男性/兵庫県)
・インフラ再整備は将来の世代に対しても恩恵が残るものだから(40代/男性/茨城県)
・便利な世の中になっても誰かが頑張らないと日本の国土と便利さは維持できないから(50代/男性/千葉県)



あなたの会社で力を入れている公共事業は?

公共事業は生活のためにも、景気を刺激するためにも欠かすことができません。
最後に、建設業界で働く方の会社では、どのような公共事業に力をいれているのか聞いてみました。

■私の会社が力をいれている公共事業はコレ!
・老朽化した建物の耐震工事(30代/女性/大阪府)
・リニア新幹線の早期工事の後押し(40代/男性/山梨県)
・古くなった首都高の改修事業(50代/男性/東京都)
・東京メトロ関連工事(50代/男性/東京都)
・下水道老朽化の復旧(50代/男性/東京都)

などの回答が寄せられました。


【まとめ】これからの建設業界に期待していることはインフラ整備(再整備)

今回の調査で、これからの建設業界に期待していることやインフラ整備(再整備)に関する考えが明らかになりました。

7割以上の方が、建設業界は景気を牽引する仕事だと回答したように、新型コロナウイルスによって落ち込んだ景気を回復するには、建設業界の存在が鍵となってくるのかもしれません。

また、建設業界が最も力を入れるべきインフラの整備として「老朽化した東京の下水道の整備」「リニア中央新幹線の開通工事」が挙げられ、今後の建設業界に期待ができる結果となりました。

これからの建設業界に、「インフラ整備(再整備)」「公共事業の活発化」といった期待を持っている方が多いように、今後も建設業界はますます発展していくことが考えられます。

その中で、経験のある技術者もそうですが、経験・未経験問わず若い人材が求められているようです。

景気を牽引する仕事で、これからますます発展する可能性のある建設業界で、働いてみるのはいかがでしょうか?


建設業界で働きたい!そんな方はJAGフィールドにお任せを!





JAGフィールド株式会社https://www.jag-fld.com/)は施工管理、施工図、BIM設計、CAD設計、ビル設備管理など建設業界に特化したエンジニアリング会社です。

「より良い人材、より良い職場のご提案」の姿勢を追求し、お客様のニーズ分析と求職者のヒアリングを徹底的に行い、満足度の高いマッチングを実現しております。

現場監督技術研修、CAD講習、建築士や施工管理技士の講師陣による研修など…様々な社員研修を自社で行っています。そのため多様なスキルを身につけることが可能です。

★充実している教育制度
・入社時・施工管理研修
・資格取得支援制度
・CAD/BIM、CIMソフト研修
・ジョブローテーション
・フリーエージェント
業界未経験の方も、充実した教育制度があるので、将来を担う技術者に成長できます。

「社会で活躍し景気を牽引したい!」
「公共事業など大きなことに関わってみたい!」
「キャリアアップしていきたい!」
そんな夢をJAGフィールドでは実現可能です。

一生モノの手に職を付けたい方は、ぜひ一度JAGフィールド株式会社までお問い合わせください。

■JAGフィールド株式会社 : https://www.jag-fld.com/
■TEL : 0120-314-881
■お問い合わせ : https://www.jag-fld.com/contact/

【運営サイト】
■建築求人.jp:https://www.kenchiku-kyujin.jp/
■CAD求人.com:https://www.cad-kyujin.com/
■BIM求人.com:https://bim-kyujin.com/
■ビル管理求人.com:https://bm-kyujin.com/
■プラント求人.com:https://www.plant-kyujin.com/
■エンジニア求人.com:https://www.engineer-kyujin.com/
■建築求人NAVI:https://kensetsukyujin-navi.com/
■九州求人.com:https://kyujin-kyushu.com/

調査概要:これからの建設業界に関する調査
【調査期間】2020年8月19日(水)~2020年8月20日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,112人
【調査対象】建設業界で3年以上働いている方
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

  • はてなブックマークに追加