プレスリリース

外国人材受入の全てがわかる!「外国人材活用 特別フォーラム」開催と来場者募集のご案内

リリース発行企業:独立行政法人中小企業基盤整備機構

情報提供:


中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)東北本部は、経営基盤の安定化や事業展開の拡大・発展等を目的に外国人材の活用に関心を持つ東北6県の中小企業者を対象に、「外国人材活用 特別フォーラム」を3月5日(木曜)、仙台市内にて開催します。

■深刻化する労働力人口の減少と外国人材への注目
2019年の出生数が統計開始以来はじめて90万人を下回り、労働力人口の不足は大きな問題となっています。特に地方部の中小企業者の人材不足が深刻化するなか、2019年4月に特定技能が施行され、また12月には技能実習生が40万人に達することが見込まれるなど、外国人材に対する注目がますます高まっています。
東北地方における外国人材の受入・活用の状況は全国的に見て低調ではあるものの、その数は増加傾向にあります。一方、外国人材を適切かつ効果的に受入・活用するためには、自社に適した人材の確保やコミュニケーション・習慣の理解、社内体制の整備など、外国人材のポテンシャルを引き出すための取り組みを行う必要があります。

■中小企業の適切かつ効果的な外国人材の活用を後押し
本フォーラムでは、外国人材活用を支援する公的支援機関、民間支援機関、監理団体や登録支援機関等13団体が集い、外国人材活用に関する基礎情報から、国別の人材情報、効果的な受入の方法、コミュニケーション・育成の秘訣といった実践的な情報を、複数のミニセミナーで提供します。
また同時に各支援団体による無料相談会を開催し、個別のお悩みや疑問にお答えすることで、中小企業者が安心して外国人材の受入・活用を進めるための機会となります。

■開催・募集概要
1.日時:2020年3月5日(木曜)13:00~18:00(受付開始12:30~)
2.会場:仙台国際センター・展示棟(仙台市青葉区青葉山無番地)
3.主催:(独)中小企業基盤整備機構東北本部
4.後援:(株)七十七銀行、東北経済産業局、(独)国際協力機構(JICA)東北センター、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)仙台貿易情報センター、宮城県
5.協力:みやぎ・せんだい連携会議
6.募集期間:2020年1月15日(水曜)~3月4日(水曜)
7.対象:外国人材の受入・活用に関心を持つ中小企業者、支援機関・自治体関係者など
8.参加費用:無料
9.応募方法:以下、専用申込ウェブフォームより登録
https://krs.bz/smrj-hp/m/455-b2/
10.Webページ:https://www.smrj.go.jp/regional_hq/tohoku/event/2019/favgos0000006z9c.html

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業・小規模事業者への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、創業、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、及び震災復興支援や共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?