プレスリリース

セレクトショップ「LOVELESS」 「ラブレス」×「ガンダムvsハローキティ プロジェクト」 コラボ商品 11月22日(金)発売

リリース発行企業:株式会社三陽商会

情報提供:

三陽商会が展開するセレクトショップ「LOVELESS(ラブレス)」は、「ガンダムvsハローキティ プロジェクト」とコラボし、Tシャツ・パーカ・トートバッグ・キャップを全国の「ラブレス」「ギルドプライム」ショップとオンラインストアの「ラブレスオフィシャルサイト」等にて11月22日(金)より発売いたします。今回アパレルブランドでは初めてのコラボレーションとなります。「ガンダムvsハローキティ プロジェクト」は2019年で40周年をむかえた「機動戦士ガンダム」と、45周年をむかえた「ハローキティ」が年間を通じて様々な対決をしていくプロジェクトです。ラブレスでは、Twitter上でシャアとハローキティで飲み物をどちらが早く飲めるか対決をします。(詳細は下記URL参照) https://www.loveless-shop.jp/feature/article.php?type_id=2&tpl=20191119.html





 ×


■商品開発の背景


「LOVELESS」は、今年で15周年を迎えたことを機に、他者と協業し新しい価値を創造するコレクションライン「+LOVELESS(プラスラブレス)」を2019年春夏シーズンより立ち上げました。今回のコラボレーションはその一環で、“人気キャラクター“と”ファッション“がコラボレーションすることにより新しい価値を届けることを目的としています。
「LOVELESS」がお客さまへの更なる認知度UP・商品力強化を図る中で、人気コンテンツと取組みを実施することになりました。「ラブレス」と「ガンダムvsハローキティ」に触れ、作品を楽しみ、ショップへ足を運ぶ、などのきっかけになることも期待しています。


■コラボ商品の特徴


コラボ商品はTシャツ、パーカ、トートバッグ、キャップの4アイテム。メンズでは「機動戦士ガンダム」に登場するアムロ・レイ、シャア・アズナブル、ガンダム、ザク、ハロを、ウィメンズでは「ハローキティ」がアムロ・レイやシャア・アズナブルの原作シーンを再現したカットを各アイテムにプリントし、商品はイラストが映えるようベースカラーはモノトーンで作製しています。メンズ・ウィメンズともに今回のコラボ用に描きおろししたイラストもあります。


■コラボ商品詳細
メンズ(ガンダム)



Tシャツ
素材:綿100%
価格:本体価格¥9,000+税
カラー:白、黒
サイズ:M、Lサイズ




パーカ
素材:綿100%
価格:本体価格¥18,000+税
カラー:白、黒
サイズ:M、Lサイズ




キャップ
素材:綿100%
価格:本体価格¥5,000+税
カラー:白、黒
サイズ:X (フリーサイズ)




トートバッグ
素材:綿100%
価格:本体価格¥5,000+税
カラー:ベージュ
サイズ:X (フリーサイズ)


ウィメンズ(ハローキティ)



Tシャツ
素材:綿100%
価格:本体価格¥9,000+税
カラー:白、黒
サイズ:S、Mサイズ




パーカ
素材:綿100%
価格:本体価格¥18,000+税
カラー:白、黒
サイズ:S、Mサイズ




キャップ
素材:綿100%
価格:本体価格¥5,000+税
カラー:白、黒
サイズ:X (フリーサイズ)




トートバッグ
素材:綿100%
価格:本体価格¥5,000+税
カラー:ベージュ
サイズ:X (フリーサイズ)


その他イラスト部分










■「ラブレス」×「ガンダムvsハローキティ」 コラボ商品概要



■「ラブレス」について

国内外の優れたクリエイティブブランドも積極的に提案し、ラブレスだけのエクスクルーシブブランドやコラボアイテムなどで独自の世界観を表現するセレクトショップ。
ターゲットはファッション感度の高い30代からの男性と女性。
公式WEBサイト: https://www.loveless-shop.jp/

■「ガンダムvsハローキティ」について

「ガンダムvsハローキティ プロジェクト」は2019年で40周年をむかえた「機動戦士ガンダム」と、45周年をむかえた「ハローキティ」2019年3月からスタートした年間を通じて様々な対決をしていくプロジェクトです。
公式WEBサイト:https://www.gundamvskitty.com/
Twitter:https://twitter.com/gundamvskitty

          (C)創通・サンライズ (C)‘76,’19 SANRIO 著(株) サンリオ


  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?