プレスリリース

事業継続と信用形成のために 定禅寺セミナー「中小企業者の防災・減災対策」開催

リリース発行企業:独立行政法人中小企業基盤整備機構

情報提供:


中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)東北本部は、中小企業者向けに「防災・減災対策セミナー」を開催します。事業継続と信用形成のために、防災・減災対策を促すものです。補助金の活用や共済制度の活用も織りまぜて解説します。

■中小企業者に必要な大規模災害への対策を解説
近年頻発する大規模災害に対し、被害を最小限にとどめ、かつ、早期の復旧等を確実なものとする対策や計画は、企業の事業継続や信用等において重要な役割を担います。
中小企業者の防災・減災対策の事例、計画策定のポイント、中小企業強靭化法に基づく国等の支援策、また、関連する共済制度を紹介するために、本セミナーを開催します。

■開催概要は以下のとおり
開催場所:仙台第一生命タワービル 11階会議室 (仙台市青葉区一番町4-6-1)
開催日時:11月27日(水曜)14:00~16:15
講師:五十嵐 雅祥 氏(株式会社フォーサイツコンサルティング 取締役)
定員:50名(先着順)
申込方法:下記ホームページより参加申込書をダウンロードいただき、FAXでのお申込となります。定員到達又は開講日前日に締め切ります。
参考URL:https://www.smrj.go.jp/regional_hq/tohoku/event/2019/akn4gh000000c0hd.html
主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構 東北本部

<中小企業大学校定禅寺セミナーとは>
中小機構が運営する中小企業大学校は、全国に9つある研修施設のほかに、中小機構各地域本部にキャンパスを開設しています。中小機構東北本部では定禅寺キャンパスを設けており、経営課題に関する実用的な対策、国等の政策に関する情報提供等をテーマとしセミナーを開催しています。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、国の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、創業、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、並びに共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?