プレスリリース

分散型台帳技術のサービス実用化に向け、クロスキャットとスカラー社が業務提携

リリース発行企業:株式会社クロスキャット

情報提供:

 株式会社クロスキャット(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上貴功、以下クロスキャット)は、株式会社Scalar(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO兼COO:深津航、代表取締役CEO兼CTO:山田浩之、以下Scalar社)と業務提携し、Scalar社が提供する拡張性としてのスケーラビリティと耐改ざん性を有する分散型台帳ソフトウェア「Scalar DLT」を活用したサービスの開発に着手することを決定しました。クロスキャットは本提携により、金融機関を中心にブロックチェーン技術を活かしたサービスの提供を目指します。




■業務提携の背景
 クロスキャットはブロックチェーン技術を活用した新ビジネスの創生に取り組んでいます。しかし、従来のブロックチェーン技術では、トランザクション処理の順番を正確に担保することが難しく、大量のトランザクションを捌くためのスケーラビリティにも課題があり、ビジネスにおける実利用が進みませんでした。そこで、Scalar社が提供するトランザクション管理機能とスケーラビリティを有する「Scalar DLT」に着目。実用化への課題解決が期待でき、新サービス創生の選択肢を増やせるものと判断しました。
 一方、Scalar社は自社の分散型台帳ソフトウェア「Scalar DLT」上で動作するアプリケーションを開発する事業者を広く求めており、両社の意向が合致して本提携に至りました。

■提携内容
 本提携において、クロスキャットは「Scalar DLT」を活用したアプリケーションの開発および実装を行い、Scalar社は「Scalar DLT」を用いたシステム構築のための情報提供および技術支援を行います。
 また、相互の顧客紹介や共同での営業活動を行い、分散台帳技術(ブロックチェーン技術)の普及に努めます。

■Scalar DLTについて
 Scalar社が提供する「Scalar DLT」は、分散データベースソフトウェアである「Scalar DB」と分散型台帳ソフトウェアである「Scalar DL」から構成されるデータベースソフトウェアです。電子署名が付与されたスマートコントラクト(*)を分散トランザクションの形式で実行し、その実行結果を複数の独立したコンポーネントで連鎖的に管理することにより、高い耐改ざん性を有しつつ、従来のブロックチェーンでは実現が困難であった高いスケーラビリティ、強い一貫性、確定性を実現しています。

*スマートコントラクト:ブロックチェーン上で契約行動(条件確認から履行まで)を自動化するしくみ。決済期間の短縮や不正防止、仲介者不要によるコスト削減などが期待できる。

■今後の展望
改ざん耐性が求められる領域において新サービスを立ち上げ、クロスキャットの主要事業の顧客である金融機関を中心に向こう1年以内の受注獲得を目指します。

※ 本文中に記載された会社名、商品・製品名、サービス名は各社の登録商標または商標です。

--- ご参考 ---
■株式会社Scalar
<商号>
株式会社Scalar
<代表者>
代表取締役CEO兼COO 深津 航
代表取締役CEO兼CTO 山田浩之
<所在地>
〒162-0828 東京都新宿区袋町5-1 FARO神楽坂 209号室
<設立>
2017年12月
<事業内容>
分散型台帳ソフトウェアの研究開発および提供
<URL>
https://scalar-labs.com/

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?