学ぶ・知る

宮城県内のレジャー施設、GW前に営業再開へ-入園無料・半額も

「がんばろう東北」と書かれたプレートをのぞき込むサル。八木山動物公園で

「がんばろう東北」と書かれたプレートをのぞき込むサル。八木山動物公園で

  •  
  •  

 ゴールデンウイークを前に、宮城県内のレジャー施設で営業再開の動きが見えてきた。

八木山動物公園のサル山

 八木山動物公園(仙台市太白区八木山本町1)では園内のサル山にヒビが入るなどの被害を受けたが、危険箇所の改修作業や安全確認が終了。寒さや地震の揺れによるストレスなどで体調を崩した動物もいたが、「無事に回復し、元気を取り戻している」(同園広報担当者)ことから、4月23日に営業を再開。23日・24日は無料で園内を開放する。開園時間は 9時~16時45分(入園は16時まで)。月曜休園。入園料は、一般=400円、小・中学生=100円。

[広告]

 津波によりポンプや機械類が水没したマリンピア松島水族館(松島町)では急ピッチで修繕を進め、安全性の確認が取れたことから4月23日の再開を決めた。「多くの方々のご支援・ご協力のおかげで見通しが立った。本当に感謝の気持ちでいっぱい」(同館広報担当者)。開館時間は9時~17時(土曜・日曜は17時30分まで)。入館料は、一般=1,400円、小・中学生=700円など。27日までは入館料を半額(被災者は無料)にする。

 仙台ハイランド(仙台市青葉区新川早坂)ではアトラクションの点検・修理が一通り完了し、例年より約1カ月遅い4月27日に営業を開始。27日・28日は入園無料とするほか、今シーズンは入園料を半額に引き下げる(アトラクション利用料は別途)。営業時間は9時~17時。入園料は、大人=500円、小学生=350円など。

 一方、4月22日にオープンを予定していた「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」(宮城野区鉄砲町)は、施設の一部に被害が確認されたため開業を延期。修復作業や安全確認を行い、今年7月ごろのオープンを目指す。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?