食べる

仙台・定禅寺通りに「カフェ エ バール ドゥー」-カフェタイムにアルコールも

「カフェ エ バール ドゥー」店内。「気軽にふらっと立ち寄っていただければ」(松浦さん)

「カフェ エ バール ドゥー」店内。「気軽にふらっと立ち寄っていただければ」(松浦さん)

  •  
  •  

 仙台・定禅寺通りに「Cafe et Bar Deux(カフェ エ バール ドゥー)」(仙台市青葉区本町2、TEL 022-211-5220)がオープンして2カ月が過ぎた。

 「女性が気軽にカフェ感覚でお酒を楽しめる空間を提供したい」(店長の松浦丈容さん)と今年10月にオープンした同店。店舗面積は11坪で、席数はカウンター9席・テーブル10席。「何年も前からある店のような古い雰囲気を意識した」という店内は、木目やコンクリートなどの素材感を打ち出し、テーブルや椅子にはヨーロッパアンティーク調のものを使う。

[広告]

 カフェタイムには、キッシュ・サラダ・パスタ・おつまみ・デザートを用意。中でも、ベーコンやチーズを入れた高さ約8センチの「自家製キッシュ・ロレーヌ」(650円)、自家製デザートの「ムース・オ・ショコラ」「ガトー・フロマージュ・クリュ」「クレーム・ブリュレ」(各450円)が「人気」。ドリンクは「オリジナルブレンド」(500円)、「カフェ・オ・レ」(600円)などのコーヒーや紅茶、アルコールも提供する。

 バータイムでは、「ポークレバーパテ・コニャック風味」(650円)、「館ヶ森アーク牧場の無添加ソーセージ」(750円)、「アンチョビポテトとプロシュートのサラダ」(800円)など25種類のフードメニューを提供。スパークリングワイン2杯と前菜・チーズフォンデュ2人前をセットにした「チーズフォンデュセット」(3,000円)も冬季限定で用意する。

 ドリンクは、ビール・ワイン・シャンパン・ウイスキー・カクテル・など100種類以上(500円~)。寒い日には「ホットワイン」(650円)、「ホットワインレモネード」(750円)などのホットカクテルも人気だという。「メニューに載っていないものでも、お客さまの好みやその日の気分に合わせたカクテルを作ることもできるので、気軽にお声掛けいただければ」と松浦さん。

 客単価は、カフェ=700円、バー=2,500円。20代後半~40代の女性客を中心に、近隣の会社員やOLなどが多く利用する。松浦さんは「フランスのカフェのように、時間帯を気にせず昼から食事やお酒を楽しんだり、夜もお酒だけじゃなくコーヒーを飲みに来たりと、お客さまそれぞれの自由な使い方をしてもらえれば」と話す。

 営業時間は、カフェタイム=14時~18時、バータイム=18時~24時(日曜休み)。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?