Kスタ宮城で「楽天イーグルス ファン感謝祭」-亀梨和也さんも

「楽天イーグルス ファン感謝祭」の様子。グラウンド上で選手とファンが交流を楽しんだ

「楽天イーグルス ファン感謝祭」の様子。グラウンド上で選手とファンが交流を楽しんだ

  •  
  •  

 東北楽天ゴールデンイーグルスの「ファン感謝祭」が11月23日、「クリネックススタジアム宮城」(仙台市宮城野区宮城野2)で開催され、訪れた1万6,050人のファンが選手との交流を楽しんだ。

ファン感謝祭に参加した岩隈投手

 グラウンド上での投球・守備・走塁体験やトークショー、チャリティーオークションなどさまざまなイベントが用意され、岩隈久志投手が足湯でファンと交流する姿も。ニュース番組「Going! Sports&News」との連動企画として、同番組でキャスターを務めるKAT-TUNの亀梨和也さんと田中将大投手・山崎武司内野手・嶋基宏捕手とのスペシャルマッチも行われた。

[広告]

 エキシビションマッチでは、小山伸一郎投手率いる白組と、鉄平外野手率いる紅組の2組に分かれて対決。野手が投手を務め、「いきなり満塁」「全員内野守備」「プレーやり直し」などのカードが使用できる特別ルールで行われ、仙台出身のお笑いコンビ・サンドウィッチマンや亀梨さんも参加。小山投手が1塁ベースを投げ飛ばすパフォーマンスも飛び出すなど度重なるハプニングに、観客席からは笑いが絶えなかった。

 フィナーレでは、今季限りで現役引退した小坂誠コーチの引退セレモニーも行われた。「プロの世界に入り、この小さな体でどこまでできるか挑戦してきたが、今季限りをもって引退する決意をした。誰もが夢を見て憧れるプロ野球の世界に入り、現実を目の当たりにしたことは私にとって貴重な経験。今後は2軍の育成コーチとして役に立てるように精進していきたい」とあいさつした。

 最後は大型ビジョンで星野仙一新監督からのメッセージを上映。「楽天は(ファンの)皆さんに愛されているというのが私の印象だが、それに甘えることなく必死になって選手とともに戦い、もっともっと皆さんに感動を与えられるようなゲームをしていきたい」と来季への熱い意気込みを話した。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?