仙台で藤子不二雄Aさんサイン会-トキワ荘時代の思い出語る

トキワ荘14号室をバックに、コミック予約購入者先着50人にサインを行う藤子不二雄Aさん

トキワ荘14号室をバックに、コミック予約購入者先着50人にサインを行う藤子不二雄Aさん

  •  
  •  

 仙台駅前の商業ビル「イービーンズ」(仙台市青葉区中央4、TEL 022-715-5222)で4月29日、漫画家・藤子不二雄Aさんのトークショーとサイン会が行われた。

カメラに向かってピースサインのお茶目な藤子不二雄Aさん

 同イベントは、今月19日から同施設で開催されている「春のまんが祭り」の関連企画で、「怪物くん ベスト・セレクション 友情篇」(小学館、1,100円)の発行を記念して行われたもの。同書は過去の作品から選りすぐりの9話を収録したもので、「怪物くん」のテレビドラマ化に合わせて刊行。5月28日には同「奮闘篇」も発売予定。

[広告]

 イベントには子どもからお年寄りまで幅広い層の約200人が来場。トークショーで、藤子さんは「トキワ荘はみんな兄弟みたいだった。同業者同士でも一切ジェラシーがなく、いい意味の相乗効果があった」「赤塚(不二夫)氏は売れないころ、石ノ森(章太郎)氏のご飯を作っていた」など、トキワ荘時代のエピソードを披露。かつて藤子さんが暮らしたトキワ荘14号室の再現展示をバックに行ったサイン会では握手や写真にも快く応じ、ファンとの会話を楽しんだ。

 「昔、手塚治虫先生と一緒に並んでサイン会を行ったとき、手塚先生の前には行列ができたが、僕の前には2~3人しか並ばなくてあっという間に終わってしまった。それ以来、サイン会にはあんまり出ないようにしていた(笑)」と藤子さん。「今日はお父さんが50代、子どもが20代で親子2代のファンだという方もいらして、とてもうれしかった。僕ら漫画家は、読者の方が読んでくれて成り立つもの。だから今日は大勢のファンの方に来ていただいて、うれしくて元気をもらった」と話した。 

 「春のまんが祭り」は5月9日まで。営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?