見る・遊ぶ

新時代祝う「仙台七夕まつり」明日まで 3000本の竹飾りが街彩る

竹に奉祝の札が取り付けられた令和元年の仙台七夕まつり

竹に奉祝の札が取り付けられた令和元年の仙台七夕まつり

  •  
  •  

 仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が8月6日に開幕し、約3000本の竹飾りや吹き流しが市民や観光客の目を楽しませている。

一番町四丁目商店街の入り口で風に揺れる菅原酒店の吹き流し

 仙台藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、現在では東北三大祭りの一つとして知られる仙台七夕まつり。昨年は3日間とも雨に見舞われたが、延べ202万6000人が訪れた。

[広告]

 今年も市内中心市街地や各商店街には、伝統的な七つ飾りや豪華絢爛(けんらん)な吹き流しが飾られ、「奉祝 新しい時代の始まりへ 日本一の七夕まつり」と書かれた改元を祝う札も取り付けられた。花や動物、アニメキャラクター、こけし、伊達政宗公などをモチーフにした個性的なものも目を引いている。

 一番町四丁目商店街の入り口にある「菅原酒店」(仙台市青葉区一番町4)では、構想に2カ月、製作に1カ月かけたという政宗公のかぶとや折り鶴、色とりどりの花などをあしらった手作りの吹き流しを設置。同店の前田尚養さんは「一番町四丁目商店街は手作りの七夕飾りが多く、屋根がないぶん風にたなびく吹き流しも楽しんでもらえる。多くの方に見に来てもらえれば」と話す。「仙台七夕まつりは、静と動でいうと静。凜(りん)とした日本人のように、派手ではないが芯があるお祭り。仙台商人の生き様ともいえる豪華な七夕飾りを見てもらえれば」とも。

 市内各所では関連イベントを展開する。勾当台公園市民広場、定禅寺通りグリーンベルト、つなぎ横丁は「おまつり広場」として、七夕の歩みを展示する「七夕伝承館」、お祭りグルメを満喫できる「七夕食堂」などのほか、ステージイベントや盆踊り、ミニ七つ飾り作成体験や短冊記入コーナーなども用意する。

 開催時間は、飾り付け時間=10時ごろ~22時ごろ(8日は21時ごろまで)、おまつり広場=10時~21時。今月8日まで。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?