食べる

勾当台公園市民広場に東北6県の「道の駅」集結 特産品やご当地グルメ販売

各道の駅のブースが軒を連ねる「東北6県『道の駅』まるごとフェスタ」。昨年の様子

各道の駅のブースが軒を連ねる「東北6県『道の駅』まるごとフェスタ」。昨年の様子

  •  

 東北の道の駅が集結し、各地の特産品やご当地グルメを販売する「東北6県『道の駅』まるごとフェスタ」が10月16日・17日、勾当台公園市民広場で開かれる。

この時期ならでは、大きな鍋で煮た芋煮の提供も

 道の駅の利用促進と東北6県の観光振興を図るとともに、東日本大震災の復興支援に対するお礼と東北の元気を発信することを目的に、2016年に初開催。昨年は2日間で9万人が来場し、昼には近隣の会社員も普段とは違うランチタイムを楽しんだ。

[広告]

 今年は40の道の駅が出店し、農産物や海産物、農産・海産加工品、漬物、和洋菓子、地酒、ご当地グルメを販売する。主なご当地グルメは、貝ホタテバターしょうゆ焼き、石巻焼きそば、油麩(あぶらふ)丼、稲庭うどん、みそつけたんぽ、いぶりがっこ、山形芋煮、米沢牛ビーフカレー、馬肉カレー、磐梯山コロッケ、喜多方ラーメンバーガー、天ぷらまんじゅうなど。

 東北「道の駅」連絡会事務局の担当者は「各道の駅の特産品や現地でしか買えないものなど、東北の魅力を盛りだくさんに集めた日本最大規模の『道の駅』フェスティバル。多くの方に来場いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時(17日は16時まで)。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?