天気予報

12

11

みん経トピックス

PR

仙台で「浮世絵ねこの世界」仙台で女性向けビアガーデン

杜の都の初夏彩る「仙台・青葉まつり」 政宗公生誕450年、晴れやかに祝う

杜の都の初夏彩る「仙台・青葉まつり」 政宗公生誕450年、晴れやかに祝う

昨年の時代絵巻巡行(撮影=本郷彦左エ門さん)

写真を拡大 地図を拡大

 仙台の中心市街地で5月20日・21日、仙台の初夏を彩る伝統の祭り「仙台・青葉まつり」が開かれる。

仙台・青葉まつりのすずめ踊り

 江戸時代の仙台東照宮の祭礼「仙臺(せんだい)祭」をルーツとし、明治に伊達政宗公を祭る青葉神社の祭礼として始まった「青葉まつり」に由来する同祭。1970年代に交通事情などから一度途絶えたが、政宗公没後350年の1985(昭和60)年に「市民がつくる市民の祭り」として復活。現在では松焚(まつたき)祭、仙台七夕と合わせて仙台三大祭りの一つとして定着している。

 33回目となる今年は政宗公の生誕450年の節目であることから、「伊達政宗公生誕450年祭」に位置付ける。同祭協賛会事務局の遠藤瑞知さんは「政宗公のことをより一層知っていただけるような取り組みをして、その偉功を感じつつ、参加者、観客を巻き込んで楽しい祭りにしていく」と話す。

 20日の「宵まつり」では、定禅寺通・一番町通・中央通・勾当台公園・市民広場・仙台駅前などを会場に、過去最高となる147祭連(まづら)・約4500人がすずめ踊りを披露。19時からは「仙台木遣(や)り」が先導して、早期の震災復興を願いちょうちんをともした3基の復興祈願山鉾(やまぼこ)が定禅寺通を巡行する。

 21日の「本まつり」の見どころは、東二番丁通り~定禅寺通で行われる「時代絵巻巡行」。豪華絢爛(けんらん)な11基の山鉾を先陣に、伊達家18代当主・伊達泰宗さん、宇和島伊達家第13代当主・伊達宗信さん、伊達戦国家臣団、支倉遣欧使節団、岩出山武者隊、白石甲冑(かっちゅう)武者などによる時代行列、青葉神社の神輿(みこし)渡御、70団体・約2100人によるすずめ踊りの大流しなどで壮大な時代絵巻を展開する。

 勾当台公園や市民広場を会場に参加型イベントも用意。勾当台公園に江戸時代の街並みを再現した「伊達縁」には、伝統工芸職人による匠(たくみ)の技を見て体験できる「青葉職人屋台」や、お笑いや落語が楽しめる「青葉寄席」、射的、紙芝居、お化け屋敷、戦国時代の殺陣演武、茶屋、記念写真屋、居酒屋などが並ぶ。勾当台公園市民広場の「杜の市」では、旧仙台藩の市町村のご当地グルメを一堂に集め販売する。

 開催時間は、20日=10時~21時、17日=10時~18時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

水産加工品など女川特産品や工芸品、女川グルメなどを販売する「女川物産展」。昨年の会場の様子
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング