食べる

仙台パルコに焼き肉「叙々苑」 国分町店に続く東北2店目、異なる客層見込む

「叙々苑 仙台パルコ店」店内。スワロススキーをちりばめたガラスのパーティションで高級感を演出する

「叙々苑 仙台パルコ店」店内。スワロススキーをちりばめたガラスのパーティションで高級感を演出する

  • 0

  •  

 仙台パルコ9階に6月3日、焼き肉店「叙々苑 仙台パルコ店」(仙台市青葉区中央1、TEL 022-774-8215)がオープンした。

3,500円の「すだれ肩ロース炙り焼」

 1976(昭和51)年、東京・六本木に1号店をオープンした叙々苑は現在、首都圏を中心に直営店61店舗を展開。昨年12月には、東北初となる仙台国分町店(青葉区国分町2)を出店した。「東北一の歓楽街ということもあり、昼間よりもディナーから深夜にかけてのお客さまで連日にぎわっている」と同社企画営業部担当者。

[広告]

 仙台パルコ店は立地を踏まえ、遠方からの客やショッピングの延長での利用など、国分町店とは異なる客層を見込む。延べ床面積は69.38坪。席数はテーブル17卓62席、テーブル個室2卓14席。「パーティション席がほとんどなので、プライベートやビジネスなど、さまざまな用途で利用いただければ」と同担当者。

 メニューは、通常コース「焼肉会席」(花=8,500円、月=1万円、雪=1万2,000円)のほか、今月30日までは「彩コース」(6,500円)、「雅コース」(9,000円)を提供。「叙々苑サラダ」(750円)、「チャプチェ」(800円)、「石焼ビビンバ」(1,500円)、「ネギタン塩焼」(2,600円)、「特選ネギロース薄切塩焼」(3,100円)、「すだれ肩ロース炙(あぶ)り焼」(3,500円)などのアラカルトやランチメニュー、テークアウト専用の「焼肉弁当」も用意する(価格は全て税別)。客単価は、昼=2,500円、夜=8,500円。

 営業時間は11時~23時。

Stay at Home