食べる

仙台・市民広場で「カリビアンフェス」 テキーラとラムの魅力をアピール

「カリビアン・フェスティバル仙台」の前身となった昨年10月開催のイベント「イービーンズ オブ カリビアン」の様子

「カリビアン・フェスティバル仙台」の前身となった昨年10月開催のイベント「イービーンズ オブ カリビアン」の様子

  •  
  •  

 勾当台公園市民広場で7月5日、テキーラとラムのイベント「カリビアン・フェスティバル仙台 2015」が開催される。

「カリビアン・フェスティバル仙台」フライヤー

 日本テキーラ協会認定の「テキーラマエストロ」、日本ラム協会認定の「ラムコンシュルジュ」資格を持つスタッフが在籍する市内飲食店が中心となり、テキーラやラムの魅力をアピールする同イベント。

[広告]

 参加店舗は、テキーラ・ラム協会資格有店舗=「国分町 土筆」「小福」「マリーズラム」「VINDOME」「Bar arinosdama」「BARFLY」「Bar Laid Back」「LATINO」、地産地消フードブース=「OSTERIA GABU」「めーごーさぁー」「とち家」「アンバーロンド」「囍龍(シーロン)」「彩遊季」「ポケット」「のなこカフェ」など、20店舗以上。

 ドリンクは、テキーラ・ラムのショットやカクテルをはじめ、生ビール、クラフトビール、ワイン、泡盛、紹興酒など。フードは、県内の地場産品を使ったメキシコ・ジャマイカ・キューバ料理や中華料理、ピザなどを用意。当日は、レゲエ、スカ、カリプソ、キューバ音楽などのバンドやDJによるステージイベントも展開する。

 同イベント実行委員会担当者は「珍しいお酒、料理がたくさん出るので、この機会に味わって、カリブの熱さを感じてもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?