買う 学ぶ・知る

仙台の「LUSH」がリニューアル-什器・家具に大槌の塩害木を使用

リニューアルした「LUSH」仙台ロフト店の店内。白と木目を基調にした明るく温かみのある空間が特徴

リニューアルした「LUSH」仙台ロフト店の店内。白と木目を基調にした明るく温かみのある空間が特徴

  • 0

  •  

 仙台ロフト(仙台市青葉区中央1)2階のハンドメードコスメ「LUSH(ラッシュ)」(TEL 022-211-7785)が9月13日、リニューアルオープンした。運営はラッシュジャパン(神奈川県)。

大槌の間伐材や塩害木を使用した什器

 1994年にイギリスで誕生し、野菜や果物などを原料としたフレッシュハンドメードコスメを世界50カ国で展開する同ブランド。日本国内では1999年、東京・自由が丘に1号店をオープン。現在は商業施設内をメーンに約150店舗を展開する。

[広告]

 仙台ロフト店は2007年9月にオープン。量り売りのソープや入浴剤、スキンケアアイテムなど約250種類の商品を販売。仙台駅前という立地から、学生やOL、カップルや家族連れなど幅広い層が利用する。店舗面積は約23坪。

 「少しでもゆったりとした空間で商品をお選びいただきたい」(同社広報担当者)と今回、利用客の動線や商品のディスプレー、接客スペースなどを見直し、リニューアルを図った。「ラッシュのブランドが持つバリューを、より発信できる店を目指していきたい」(同)

 商品の原材料に東北のものを使うなど、東日本大震災の被災地復興支援を行ってきた同社。同店リニューアルに合わせ、ディスプレー用の什器やPOPスタンドなど木製の家具・備品に岩手・大槌の間伐材や津波による塩害木を使った。

 「東北の木材が使われた温かみのある店内で、豊かな香りに包まれながらゆっくりと買い物をお楽しみいただければ」と同担当者。「店を通じて被災地支援のメッセージを発信し、継続的に被災地復興支援活動に取り組んでいきたい」と意気込む。

 営業時間は10時30分~20時30分。

Stay at Home