買う

仙台駅前の古着店「ドンドンダウン」がリニューアル-3点目無料の姉妹店も

リニューアルした「ドンドンダウン」店内に併設オープンした姉妹店「ニコカウ・サンコメタダ」

リニューアルした「ドンドンダウン」店内に併設オープンした姉妹店「ニコカウ・サンコメタダ」

  •  
  •  

 仙台駅前の商業ビル「イービーンズ」(仙台市青葉区中央4)地下1階にあるリサイクル古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」仙台駅前店(以下、ドンドンダウン)(TEL 022-393-9980)が6月26日、リニューアルオープンした。

リニューアルした「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」

 ドンドンアップ(岩手県盛岡市)が東北・関東を中心に全国61店舗を展開する同店。仙台駅前店は2009年1月に県内初店舗としてオープン。10~20代の若者を中心に支持され年々売り上げを伸ばし、「ドンドンダウンをけん引する店舗としてリニューアルの運びとなった」(同社広報担当者)。

[広告]

 店舗面積を全店舗中最大規模の550坪に拡張し、売り場をリニューアル。うち300坪に姉妹店「ニコカウ・サンコメタダ」(以下、ニコカウ)を併設した。

 「ニコカウ」はユニークな価格システムが特徴。全品500円で、2点購入すると3点目が無料になる。商品はレディスを中心とするリサイクル衣料のほか、帽子・バッグ・靴・アクセサリーなどを販売し、メンズアイテムもそろえる。

 ドンドンダウンでは買い取りも行う。対象は、衣類、靴、バッグ、帽子、眼鏡、腕時計、ネックレス、アクセサリーなど。「穴の開いてしまったもの、染みが付いてしまったものでもお売りいただける」と同担当者。「リサイクル・リユースを通じて地球環境保全にも興味を持っていただけければ」と利用を呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?