3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

仙台・富沢に居酒屋「おじいちゃんと呼ばないで」-店名は「思い付き」

「おじいちゃんと呼ばないで」店長の男虎さん(手前)とスタッフの皆さん。「アットホームな店なので、気軽に話し掛けてもらえれば」

「おじいちゃんと呼ばないで」店長の男虎さん(手前)とスタッフの皆さん。「アットホームな店なので、気軽に話し掛けてもらえれば」

  • 0

  •  

 仙台市地下鉄富沢駅前に3月15日、「ぇぇ居酒屋 おじいちゃんと呼ばないで」(仙台市太白区富沢4、TEL 022-797-3440)がオープンした。

「おじいちゃんと呼ばないで」店内

 河原町駅前にある「ぃぃ居酒屋 アラタ」(若林区舟丁)の姉妹店となる同店。店舗面積は約30坪。席数は、カウンター、テーブル、座敷の計60席。ユニークな店名はオーナー大房新さんの思い付きだが、「後付けで、おじいちゃんになるまでバリバリ働きたい、この店を長く続けていきたいという思いを込めた」と店長の男虎孝洋さん。

[広告]

 フードメニューは刺し身、串焼き、珍味、焼き物、揚げ物、サラダ、鍋、ご飯物、デザートなど約60種類。ラインアップは、春巻きの皮に手作りのトマトソース・モッツァレラチーズ・生バジルを載せて焼いた「春ゲリータピザ」(500円)、自家製タレに漬け込んで焼いたホルモンを千切りキャベツ・オニオンスライスと一緒に食べる「おじ呼ばホルモン」、アボカド・生ハム・ナガイモにアーモンドオイルとごま油のミックスドレッシングをかけた「おじ呼ばサラダ」(620円)、「刺し身盛り合わせ(2人前)」(980円)など。

 ドリンクはビール、ハイボール、サワー、ワイン、果実酒、日本酒、焼酎など約100種類を提供。日本酒は「萩の鶴」(480円)、「春霞」(640円)、「奥播磨」(680円)、「伯楽星」(700円)など常時約10種類を用意する。「宮城をはじめ、県外からも珍しくていいものをそろえている」

 客単価は3,000円~3,500円。オープンから2週間がたち、近隣に住む会社員や家族連れを中心に30~70代と幅広い層が来店。リピーターも獲得し、常連客からは「おじ呼ば」の愛称で親しまれている。男虎さんは「家族で夜ご飯を食べに来てもらったり、会社帰りに一杯飲みに来てもらったり、気の合う仲間でワイワイ飲んでもらったり、日常のいろいろな場面で使ってもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は17時~翌3時。

ピックアップ

Stay at Home