天気予報

10

1

みん経トピックス

仙台の子供服店が1周年東北大子ども科学キャンパス

仙台・勾当台公園で「枝豆まつり」-地産地消目指しPR

仙台・勾当台公園で「枝豆まつり」-地産地消目指しPR

勾当台公園で行われた「仙台枝豆まつり」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 仙台市青葉区の勾当台公園・グリーンハウス前広場で7月30日、「仙台枝豆まつり」が開催された。

「仙台枝豆まつり」で販売された、収穫したての「もぎちゃ豆」

 同イベントは仙台市の特産品「仙台ちゃ豆」のPRと消費拡大を目的に毎年行われ、今年で4回目。主催は仙台市とJA仙台。

 「ちゃ豆」とは、成長とともに豆の薄皮が茶色になる品種の枝豆。仙台の生産農家では「早生香姫」や「茶々丸」など数種類を栽培し、「仙台ちゃ豆」として販売している。収穫時期は7月~10月で、期間中約30トンを収穫する。

 イベントでは広場に販売コーナーとテーブル席が用意され、この日の朝収穫した「もぎちゃ豆」や茹でたての「ゆでちゃ豆」、「仙台ちゃ豆」を使用した「ずんだもち」などを販売。4種類の枝豆の「味比べ」や「仙台ちゃ豆のがんもどき試食会」なども行われ、家族連れが試食や買い物を楽しんだり、生産者に茹で方のポイントを質問したりする様子が見られた。夕方には仕事帰りの会社員がビールを片手に「ゆでちゃ豆」を食べる姿も。

 市の担当者は、「高齢化が進んでいることもあって生産農家が減ってきている。こうしたイベントを通して生産者と消費者との交流が生まれ、地産地消の推進や仙台の農業振興に結びつけば」と期待を寄せる。

「仙台枝豆まつり」テーブル席で飲食を楽しむ市民らの様子(関連写真)野菜共同購入プロジェクト「シブヤサイ」始動へ-地域通貨で支払いも(シブヤ経済新聞)パレスホテルで「地産地消フェア」-全店舗で多摩の食材使ったメニュー(立川経済新聞)滝沢村に産地直売所「産直チャグチャグ」-開店3日間で2,000人が利用(盛岡経済新聞)農水省選定「郷土料理百選」、宮城から「ずんだ餅」と「はらこ飯」(仙台経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

鎮座350年を迎える榴岡天満宮。1年間さまざまな祭典や催しを展開する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング