天気予報

24

19

みん経トピックス

仙台にカップケーキ専門店仙台にジャム工房兼ショップ

仙台・国分町で街バルイベント 44店参加、パスポート提示で限定メニュー提供

仙台・国分町で街バルイベント 44店参加、パスポート提示で限定メニュー提供

街バルイベントを開催中の国分町。「入りづらいと思っていた店に足を踏み入れてもらうきっかけになれば」

写真を拡大 地図を拡大

 仙台の歓楽街・国分町で現在、街バルイベント「国分町バル」が開かれている。主催は、同エリアの飲食店経営者・従業員・ビルオーナーなどで構成する国分町街づくりプロジェクト。

「国分町バル」パンフレット兼参加パスポート

 国連防災世界会議に併せて、昨年2月20日~3月19日に初開催された同イベント。今回は仙台市地下鉄東西線開業イベントとして行い、東西線の青葉通一番町駅、南北線の広瀬通駅・勾当台公園駅からのアクセスの良さをアピールし、国分町への集客アップを目指す。

 今回は、居酒屋・すし店・日本料理店・ギョーザ専門店・ダイニングバー・焼き鳥店・焼き肉店・牛たん専門店・ラーメン店など44店舗が参加。パンフレット兼参加パスポートを店に提示することで、各店舗の一押しメニューと1ドリンクがセットになった限定メニューを注文できる。価格は、800円(11店舗)、1,000円(18店舗)、1,500円(15店舗)の3種類。

 各店の提供メニューは、前菜盛り合わせ、おでん、ギョーザ、焼き鳥、牛たん焼き、焼き肉、刺し身盛り合わせ、フグ料理、ラーメン、海鮮丼、パスタ、ピザなどさまざま。「国分町はお酒のイメージが強いと思うが、おいしい料理を出す店もたくさんある。このイベントを通して国分町の食をアピールしていきたい」と同イベント実行委員長の小滝学さん。

 「地元の方にも観光客の方にも、若い方もご年配の方も、世代を問わず楽しんでいただけるイベントだと思う。東西線を利用して気軽に参加いただき、国分町のおいしい食を楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 パンフレット兼参加パスポートは5万部を作成。参加店のほか地下鉄駅構内、市内中心部のホテルなどで配布する。今月24日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

破壊神を父に持つ象頭の富と知恵の神「ガネーシャ」像。東北歴史博物館の特別展「アンコール・ワットへのみち~楽園の神々と世界遺産を巡る旅~」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング