天気予報

16

6

みん経トピックス

東北初「ナインアワーズ」仙台駅に新商業施設開業へ

仙台駅で千葉県観光物産展 一足早い春の訪れアピール、チーバくん来場も

仙台駅で千葉県観光物産展 一足早い春の訪れアピール、チーバくん来場も

菜の花をイメージして黄色を基調にした会場

写真を拡大 地図を拡大

 仙台駅2階中央改札前コンコースで1月27日、千葉県の観光物産展「魅力いっぱいギュッ♥と千葉」が始まった。

チーバくんと駅長犬

 同県が2006年から展開している「東北圏観光プロモーション」の一環として企画された同展。温暖な千葉の魅力をPRし、東北圏からの訪客促進を目指す。

 会場では農産物・水産加工品・菓子など約130商品を販売。「のこぎり山バウムクーヘン」「完熟びわゼリー」「ぬれ煎餅」「房州ひじき」「ぴーなっつ最中」「くじらのたれ」などのご当地商品や、全国シェア約8割の収穫量を誇る落花生、大和芋、葉タマネギ、葉ニンニク、南房総産の切り花などの特産品を取りそろえる。

 「千葉は関東でも一足早く春が訪れるので、冬を早春と呼んでいる。南の方だと、1月の最高気温が昼だと10度くらい。色とりどりの花も楽しめる」と千葉県商工労働部観光誘致促進課担当者。「当展で千葉のおいしさに触れてもらい、実際に足を運んでもらって、おいしい野菜や魚、きれいな花など、早春の千葉の魅力を体験してもらえれば」と期待を寄せる。

 開催時間は10時~21時(最終日は19時まで)。今月30日まで。期間中は毎日、千葉の花や農産物などを配布する(各回先着100人)ほか、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」やJR東日本千葉支社の「駅長犬」などのご当地キャラクターも登場を予定する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

周遊型謎解きゲーム「WE QUEST-きえたキオクをとりもどせ!-」。地下鉄東西線の4駅を巡り、各駅に設定された謎を解く
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング